バンコクでアートを楽しむなら、baccに行こう!入場無料、気軽にアートが楽しめる!

バンコクアートアンドカルチャーセンター

タイの観光といえば、あなたは何を想像しますか?僕は、お寺巡りや、グルメ、ショッピング、動物園などが一番に思い浮かびます。これらの定番スポットを巡るのが、最初は1番楽しいし、おすすめです。

ただ、僕みたいにタイに何度も行くようになってくると、これらだけではネタ切れしちゃうんですよねw

そんな時にはちょっと趣向を変えて、普通のタイ旅行なら行かないような場所にも行きたくなってくるんです。あなたは、そんな経験ありませんか?

そんな時は、バンコクの現代アートを楽しむなんていかがでしょうか?バンコクは個性的なギャラリーが多いということもあって、アートを楽しむのには最適な場所だったりするんです。

そこで今回は、そんなタイ旅行に来たけど、ちょっと変わった観光もしてみたいという方に、とっておきの現代美術館をご紹介していきたいと思います。

バンコクでアートを楽しむなら、まずはbaccに行こう!

バンコクアートアンドカルチャーセンター

その現代美術館というのが、バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター、通称baccと呼ばれています。総面積25,000平米というタイ最大規模の敷地面積を誇るアートセンターになっています。

それだけの敷地面積があるというなら、やはり立地は少し郊外なのでは?と思った方。ご安心ください、アクセスの点でもかなり行きやすい場所にあます。バンコクの鉄道BTSのナショナルスタジアム駅の真横に建てられており、連絡通路を使って駅から徒歩で行けるようになっています。

また、入場料無料で入場できるので気軽に観光するには最適のスポットです!

美術館に入ると、まず目を奪われるのが、その建物の内装です。螺旋状に作られた通路が1階から9階まであり、迫力があります。

螺旋状の階段には、絵画などのアートが飾られており、通路を通りながら作品を楽しむことができます。これらの飾られている作品は、時期によって変わるので、見飽きることがありません。(この時は鉛筆で書かれた写実画が並んでいました。)

いろいろなアートが楽しめる!

バンコクアートアンドカルチャーセンターのショップ

baccは「アートの交差点」「アートのミーティングプレイス」というものを目指しており、国内外問わず様々なアート作品が集められています。絵画のようなアートだけでなく、音楽や映像などのアートとも触れ合えるのがbaccの魅力ですね。

館内の地下1階から9階まで、様々なアートが盛りだくさんです!

まず、地下1階はライブラリーになっており、アートに関する本や、タイ王室関連の本を閲覧することができ、30分無料で使えるインターネットスペースも併設されています。

1階は、250席のキャパシティーがあるイベント会場となっており、ここでは音楽や映像、子供向けのワークショップなど、日毎に変わったアート関連のイベントが開催されています。

2~4階がギャラリースペースになっていて、様々なアート作品を見れるようになっています。中にはガラス張りの部屋になってある空間もあり、落ち着いたスペースで鑑賞できます。

bacc露店

また、カフェやアートにちなんだショップなども併設されているので、お土産探しにももってこいですね。baccの中にある売り物は、現代美術館というだけあって、どれも一風変わったお洒落なものばかりです。

7~9階のメイン展示会場が楽しい!

baccのメイン展示会場

そして、baccの1番の見所といえば、7~9階にあるメイン展示会場になります。こちらの入場料も無料というから驚きですよね。

このメイン展示会場の作品も、時期によって変わるようになっています。

なので、何度行っても楽しむことができますね!今回僕が行った時は、絵画を中心とした「ラブ&ピース」というテーマの展示会でした。

入場料無料とは思えないほどの大きな展示会場

メイン展示場

メイン展示会場に入ると、その大きな展示会場に驚くでしょう。広々としていて、絵画を見るには最適な環境になっています。そして、展示数もかなりの量なので、ゆっくりと見ていたら2時間くらい時間が経っちゃいます。

僕は、美術に関して専門的な知識があるわけではないのですが、せっかくなので個人的に「いいねー」と思った作品を紹介したいと思います。

これは「幸せな休日」という作品です。田舎で暮らす子供達の一風何気ない日常を切り取ったような絵なのですが、それを幸せな休日というテーマで描いたところにグッときましたね。

次がこちらの「人々」という作品。タイの国王が歩いている姿が描かれたいます。この絵の面白いのは、近づいて見てみると分かります。

国王が通ったところが笑顔マークで埋め尽くされているんですね。なんだか、タイ人の国王愛が伝わって来る作品でした。

そして、最後にちょっと笑ったのが「幸せの形」というテーマのこちらの作品。あなたは、この作品を見て何を想像しますか?

僕は「あー、なるほど。晩酌かな?w」って思いました。なんてねw

アートの捉え方は自由だと思っているタイプなので、僕はこれらの作品を存分に楽しみながら鑑賞することができましたw

入場前に手荷物をロッカーに預けましょう。

baccロッカー

9階のメイン展示場に行くには入場料こそ無料ですが、手荷物がある場合は、それらをロッカールームに預ける必要があります。

ロッカーがカウンター横に常設されているので、そちらを利用しましょう。(利用には10バーツの貨幣が必要です。)

baccの公式ストアもありますよ

baccの公式ショップ

お土産探しにもぴったりなbaccの公式ストアもあるので、アートを見終わった後なんかに立ち寄ってみるのもいいですね。

baccへの行き方

baccの地図

baccに行ってみたくなってきましたか?最後に行き方について書いておきますね。場所については、最初に書いた通りナショナルスタジアム駅の真横に隣接されているので、とてもわかりやすい場所にあります。

ナショナルスタジアム

行き方は、1階の正面玄関から入るのもいいのですが、迷わない行き方はナショナルスタジアム駅から直通の連絡通路でいく方法です。

bacc連絡通路2

ナショナルスタジアム駅を降りてから、3番出口を出てすぐ左手に連絡通路が見えてきます。大きくて白い建物がbaccですね。そこからbaccの3Fにそのままアクセスすることができます。

MBKショッピングセンターからの行き方

ナショナルスタジアム駅といえば、大規模ショッピングセンターのMBKにも連絡通路で行けるようになっています。

なので中には、MBKでショッピングをしてからbaccに立ち寄ってみたい方もいると思います。そんな方は、MBKのゾーンAの2番側にある出口を活用してください。

MBKからbcaaの連絡通路

その出口を使って出れば、ちょうど向かい側にbaccへ直接アクセスできる連絡通路が見えてきます。

まとめ バンコクで気軽にアートをこんなに楽しめるなら!

baccは、バンコクのど真ん中という好立地で、更に入場料もかからないという、気軽にアートをを楽しむには最高の観光スポットです。

タイの観光地巡りをして、ちょっと気分転換がしたくなった時や、暇つぶしにどこか行きたくなった時なんかは、baccが凄くおすすめです。アートに興味があるという方なら、尚更おすすめです!(僕はこういったアートが好きなので2時間くらいは見ていましたw)

バンコクでアートも楽しんでみたいという方は、是非チェックしてみてくださいね。

baccの情報

住所:939 Rama 1 Road, Wangmai, Pathumwan, Bangkok 10330

休館日:月曜日

営業時間:10:00~21:00

入場料:無料

バンコクアートアンドカルチャーセンター


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!