バンコク ホテル

Bless Residenceは、広いお部屋でのんびりしたい方にオススメ!スクンビットにあるアパート系ホテル

Bless Residenceホテル

バンコクのホテルで、リーズナブルな値段且つ好立地のホテルを探していると、過半数を占めているのが、スタジオタイプで30㎡ほどのスペースのお部屋だと思います。

部屋の広さがそのホテルの全てではないとは思いますが、できることならば広々としたお部屋に宿泊して、のんびり過ごしたいですよね!

今回は、そんな広いお部屋でのんびりもしたいという方にとっておきのホテルのご紹介です。

Bless Residenceは好立地のアパート系ホテル

Bless Residenceは、名前の通り「レジデンス」つまりアパート系のホテルになります。

Residenceという名前はついていますが、長期滞在者向けにお部屋が作られているだけで、普通の観光客がにホテルとして滞在することも可能となっています。

内装に華やかさはそれほどなく、シックな落ち着いた感じのホテルでした。ホテルチェックインカウンターの写真を撮り忘れましたが、カウンターの対応もよく、スムーズにチェックインできました。

部屋の空き状況によっては、アーリーチェックインもしっかりと対応してくれます。

立地もスクンビットソイ33にあり、最寄り駅がBTSのプロンポーン駅になるので、ショッピングやナイトライフなどのアクセスにはとても便利と言えるでしょう。

とにかくでかい客室!広さは最低ランクでも50㎡から

Bless Residenceリビング

僕が今回宿泊したのが、こちらのデラックス ワンベッドルームのお部屋になります。Bless Residenceの中でも真ん中のランクのお部屋になりますね。

まず入って驚いたのが、そのお部屋の広さです!

これでなんと65㎡もあります。そう、無駄にでかいんですw

ただ、この時宿泊した値段は、日本円に換算して一泊約7000円くらいと、お部屋の広さの割に相当リーズナブルなんです!

Bless Residenceキッチン

レジデンスということだけあって、お部屋の中はキッチン、リビング、作業机など普通の生活に必要とされるような設備がしっかりと整っています。

Bless Residenceベッド

リビングの隣にあるのが、こちらのベッドルームになります。完全に別室として設けられていたのですが、これもまた無駄に広いw

この広い部屋でボーッとしているだけで、なんか非日常感が味わえてアガりましたw(ガキですね、すいませんw)

Bless Residenceお風呂

そして、こちらがバスルームになります。お部屋とは雰囲気をガラッと変え、全体が黒で統一されたシックな空間になっていました。

このホテルの場合、バスタブが全室にしっかりと完備されているので、お風呂でゆっくりしたい方にとっては最高かもしれませんね。

その他のお部屋、予算

今回宿泊したお部屋以外にも、スーペリアルーム(50㎡)デラックススイートルーム(65㎡)プレデンシャルスイートルーム(80㎡)があります。

嬉しいのが、Bless Residenceの場合はスーペリアルームであっても50㎡の広いお部屋が用意されています!なので、とにかく広いお部屋がいいという方は、本当にオススメ!

さらに、一番上のプレデンシャルスイートルームになると、お部屋の広さは、なんと80㎡になります!

気になる予算ですが、スーペリアルームで一泊6000~7000円くらいで宿泊することができます。プレデンシャルスイートルームでも一泊9000~10000円くらいになりますね。(時期によって値段は異なります。)

なので、一泊の予算としては約6000~10000円を考えていただければ大丈夫です。

朝食は可もなく不可もなく

Bless Residenceレストラン

朝食はフロントの横にあるレストランでビュッフェになります。時間は6:30~10:30になりますね。

Bless Residenceレストラン中

品揃えとしては、15~20品目ぐらいという感じでした。

このホテルの最寄り駅であるプロンポーンは、とても日本人が多いエリアなので、それを意識してなのか日本風のカレーや、とんかつ、味噌汁などが用意されていました。

Bless Residence朝食

僕はタイに来てまで日本食を食べたくないタイプなので、あえてそれ以外を盛り付けましたが、こんな感じですw

味としては、んーまあ可もなく不可もなくって感じですねw(朝食抜きにして、その分部屋代安くした方がいいかもw)

屋上にはプールとバー、ジムが併設

Bless Residenceプール

ホテルの屋上には、プールとバー、そしてジムの設備が整っています。屋上というだけあって、結構な開放感が味わえますね。プールは長方形の20mプールといったところで、結構な大きさがありました。

プールサイドには、簡単なカウンターバーが併設されています。ここで都会の景色を一望しながら、ゆっくりするのもいいかもしれませんね。

Bless Residenceジム

プールの隣にはジムの部屋があります。スペース自体は割と大きくていいのですが、正直言ってジムに関しては、とりあえず置いてるだけ感が否めませんでしたねw

まあ、軽い運動とかなら全然いいかもしれません。ただ、タイの高級ホテルにあるような設備を期待したらガッカリしますw

アクセス、ホテル周辺は観光にも最適!

Bless Residenceは、BTSのプロンポーンが最寄り駅になります。そこからは歩いて10分ほどの距離になるので、BTSを使ってアクセスすることをオススメします。

駅を降りてアソーク駅側に歩いて向かっていけば、ソイ33の看板が見えてきます。ソイ33に入ったら、その通りの右手に見えてきます。

また、プロンポーン駅周辺は、エムクオーティエとエンポリウムの2つの高級ショッピングモールや、日本人街、ベンチャシリ公園があったりと、観光を楽しむのにもいいところです。繁華街なのでレストランも豊富で食事に困ることはないでしょう。ホテル周辺もぜひ散策してみてくださいね。

まとめ とにかく部屋の広さと値段で選ぶならBless Residence

Bless Residenceは、好立地且つリーズナブルなのに、お部屋も驚くほど広い最高のアパートメント系ホテルです。

バンコクにある高級ホテルのような豪華さはありませんが、お部屋の広さと値段でいうならコストパフォーマンスは高いと感じました。広いお部屋でのんびりもしたいという方には、とにかくオススメですw

気になった方は、是非チェックしてみてくださいね!

[aside type=”normal”]Bless Residenceの予約をするなら!あなたにあった予約サイトで!

航空券とホテルを同時予約する方ならExpediaがおすすめ!

ExpediaでBless Residenceの値段と空室状況確認

10泊以上の宿泊する方なら、Hostel.comがおすすめ!

Hostel.comでBless Residenceの値段と空室状況確認

航空券はすでに手配済み、ロケーションによってホテルを変える方はagodaがおすすめ!

agodaでBless Residenceの値段と空室状況確認

[/aside]

海外ホテルの予約サイトの選び方についての記事はコチラ!

あなたにあった予約サイトを探して、ホテルをお得に予約しましょう!

[kanren postid=”3285″]

Bless Residence周辺のホテルもチェック

[kanren postid=”2960″]

[kanren postid=”2385″]

[kanren postid=”1866″]

[aside type=”normal”]コチラの記事では以下のカメラとレンズを使用しています。

[/aside]