デイビス ホテル(Davis Hotel)スクンビット24、JF無料のお洒落なデザインのホテル!

デイビスホテル外観

今回ご紹介するのは、スクンビット24にある、BTSプロンポーン駅が最寄り駅のデイビス ホテルをご紹介。

プロンポーン周辺は、エムクオーティエ、エンポリウムの2つの大きなショッピングモールがあり、ショッピングには最適なロケーション。

JF無料で、お洒落なインテリア性と快適さ、便利なロケーションを兼ね備えた、オススメできるホテルでした。

4つ星だけど、リーズナブル!コスパの高いデイビスホテル

デイビスホテルロビー

デイビスホテルは、ホテルの外観を見ていただくとわかるように、ヨーロッパテイスト建築デザインが採用されています。外観がお城みたいで印象的なお洒落なホテル。

スクンビットのソイ24に位置し、バンコクの観光、ビジネスでの滞在には最適な立地ですね。同じエリアには、エンポリウムスイートもあります。

エンポリウムスイートより、位置としては奥まったところにあり、4つ星ランクで宿泊の価格も比較的安めになっています。宿泊してみて、コストパフォーマンスは高いなと感じました。

デイビスホテルカフェ

ビルが1と2の2つに分かれており、1のロビーにはスターバックスが、2のロビーを抜けたところには、ドーナッツやケーキの食べられる喫茶店があります。

お部屋は、それぞれ異なるテーマのデザイン

デイビスホテル部屋

今回宿泊したのは、こちらのお部屋。42㎡のスーペリアルームですね。

朝食付きで約7500円で4つ星クラスのホテルとしては、リーズナブルな価格でした。

デザインはタイの伝統的な装飾が施された、モダンな雰囲気が印象的なお部屋でした。

デイビスホテルは、選ぶお部屋によってデザインが異なっていて、それぞれの部屋ごとにテーマが決められているのが思い白いところですね。

デイビスホテル作業机

作業用の机がお部屋に用意されています。スタジオルームでも、書斎デスクという感じで、もう少し簡単な机はあるみたいですね。人によって用途は分かれますが、なんだかんだで荷物置きに便利です。

デイビスホテルキッチン

IHヒーターはないですが、簡単な流し場が用意されていました。長期滞在ならば、電子レンジなどは嬉しいオプション。スーペリア以上のクラスに付いてきます。

デイビスホテルシャワー

浴室に関しては、結構充実していました。シャワーとウォシュレット付きのトイレ!タイ式のトイレではなくて、ウォシュレット式というのが、日本人には嬉しいオプションかもしれませんね。

デイビスホテルバス

また、足がしっかりと伸ばせる、大きいサイズのバスタブが付いてきます。大きさは若干異なるかもしれませんが、スタジオルームでもバスタブが付いているようです。

この価格にしては、シッカリとウォシュレットと大きいバスタブ付きで、コスパが高かったですね!

朝食は洋食メインのビュッフェスタイル

デイビスホテルレストラン

朝食は1階のロビーの隣にある、ギャラリーカフェでビュッフェをいただきます。ビュッフェと聞いてテンションが上がるところですが、デイビスホテルの朝食はちょっと残念でした。唯一の残念なポイントだったかもしれません。

デイビスホテルビュッフェ

その理由としては、欧米のお客様が多いためか、ビュッフェのメニューの割合が洋食メインで、タイ料理のバリエーションが少なかったことです。

一見種類は豊富なように見えたのですが、殆どがフレンチトースト、ウインナー、ベーコン、ハッシュドポテトのような感じでした。

デイビスホテル2

朝食はパン派です。という人ならいいかもしれませんが、ボクのような朝はご飯系が欲しいという人にとっては、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

デイビスホテル朝食1

唯一あったのが、こちらのがパオ風の挽肉炒め。(ホーリーバジルはなし)卵をスクランブルエッグ、目玉焼き、卵焼きの三種類から作ってくれるため、目玉焼きをトッピングして、ガパオライス風に頂きました。これは、普通に美味しかったですw

デイビスホテル3

もちろん、サラダもありますよ。あとは、シリアル、フルーツのような、朝食を軽く済ませたい方にも嬉しいメニューもありました。

ただ、ホテルのビュッフェを期待し過ぎていくと、ちょっと残念に思うかもしれません。

最上階には、ジムとプールが完備

デイビスホテルプール

一番上の階に約20メートルくらいの大き目のプールがあります。わりと深めで、子供が遊泳する感じの雰囲気はなく、大人が泳ぐ用って感じw

昼間にプールをのぞいてみたのですが、遊泳している方は1人しかいなくて、かなり空いていました。

デイビスホテルプールサイド

プールサイドには、テーブル席が用意されていました。プールの場所にカウンターバーなどがあるわけではないので、用途は正直少なそう。

デイビスホテルジム

ジムは6畳ほどの小さなウエイトトレーニングとランニングマシンの部屋の二つで、少々小さめですが、内容としては十分でしたね。

タオルを無料で借りられましたし、枚数も無制限なところも良かったですねw

あとは、ジムと同じフロアで、有料にはなりますがスパも受けられますよ!

デイビスホテルへの行き方

ソイ24

デイビスホテルの行き方について、解説しようと思いますが、とてもわかりやすいです。

BTSのプロンポーン駅を降りて頂いたら、バンコクの有名な雑貨店NARAYAがあるスクンビット24を目指してください。

そのソイ24をまっすぐ進んでください。10分程歩いたところにデイビスホテルがあります。

一度チェックインをすれば、ホテルからプロンポン駅までの送迎バス(トゥクトゥク)が出ているので、有効活用しましょう。

『Davis Hotel』の詳細情報についてはコチラ

デイビスホテル外観


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!