タイ旅行の盗難防止に南京錠っているの?いや、いらないと思う

サワディークラップ!どうも、タカです!

今回はちょっと内容を絞ったお話をしようと思います。

それは、タイ旅行に南京錠を持っていくのか、持っていかないのかについてw

いや、よくブログとか旅行ガイドとかで「南京錠を盗難対策などで使おう」

みたいな感じで書かれていますが、それに関してボクなりの考えがあるので書いてみたいと思います。

タイ旅行に南京錠っているの?

shutterstock_247150114

結論から言ってしまうと、タイ旅行に南京錠って「いらなくね?」

って個人的には思ってしまうんですよねw

結構ガイドブックの盗難対策とかで書かれたりしていますが、

実際に盗難に遭った身としては、南京錠ではあまり変わらないかなって感じですねw

盗難に遭ったボクが思う南京錠の不必要性

shutterstock_398459602

タイの盗難被害のケースって、睡眠薬盗難が多いんですよね?

というか、ボクも初めてタイに行った時は睡眠薬盗難に遭いましたw

「初めてタイに行った時、睡眠薬盗難にあった話」についての記事はコチラ

初のタイ旅行、盗難に遭ったけど今はタイが大好きな理由

2016.01.29

盗難に遭ったこと自体は、完全にボクの油断が巻き起こしたことだったのですが、

そのとき気付かされたのが、南京錠の不必要性でしたね。

あの時持っていたショルダーバッグのチャックには、しっかりと南京錠をしていましたw

だってガイドブックに書いてあったんだもん!なんてねw

ですが、実際に盗難にあったときは、その対策は全く意味のないものでした。

 

睡眠薬盗難なんてやられたい放題ですよw こちら側は意識がないのでw

もう破けるものなら破くのが基本ですよね。ショルダーバックなんて所詮布です。

破こうと思えば簡単に破けちゃうんですよね。南京錠打つ術なし。

つまり、チャックを南京錠で締めようが関係ないって意味なんです。

ハードキャリーバッグならまだしも、バックパックなら破かれますよw

タイで知り合った欧米の方たちに「切れんじゃんw」「破けるじゃん」と何度言われたかw

(決して頻発するという意味ではなく、それくらいできてしまいますよ。という意味です)

南京錠をつけることの危険性

shutterstock_125741561

それ以来ボクは南京錠なんかは付けていません。カバンから外してポイしちゃいましたw

ただ、それ以来盗難にあったパターンは一度もないですねw

どうすれば盗難のリスクを回避できるか、対策が見えてきたからなんでしょうか?

(対策については、後ほど記載します)

 

個人的に思うのが、南京錠をしている=タイの治安に警戒している=あまり来たことがない。ですねw

そういった目印みたいになってしまっているかもしれませんね。

なんか、はたから見ると慣れてないんだなー、逆に狙われるんじゃないかなーって見えてしまいます。

南京錠をするのもいいのですが、その前にもっと対策するところがあるのでは?と思いますね。

ワイヤー式の南京錠もいらない

shutterstock_31576372

あとはワイヤー式の南京錠もいらないと思いましたw

あれとか、もっと雑魚ですw自転車とかで使う極太のやつならまだしも、

トラベラー用の伸縮できる細いやつなら、必要ないのではないでしょうか?w

ニッパーで一発じゃないですか?w

トイレに行くときに一時的にと思ったりもしますが、

そういうことするなら、S字フックを買って持って行った方が便利ですね。

「タイ旅行に持っていく必需品」についての記事はコチラ

タイ旅行で必要な荷物、必需品から全てまとめてみました

2016.02.26

カバンは基本的に持ち歩くように心がけましょう。

タイ旅行に行った時の防犯対策ってあるの?

shutterstock_228811690

「南京錠を否定するのはいいけど、肝心の対策とかはあるの?」という話になりますが、

これに関しては、リスクを減らしていくことは十分に可能だと思います。

「旅行を安全にするための自己防衛策」についての記事はコチラ

タイに一人旅したい!でも、治安とか大丈夫?旅行を安全にする自己防衛策

2016.03.25

今回は、南京錠で貴重品を守るという趣旨でしたので、

そちらのことに集中して紹介すると、以下のような対策は考えられますね。

ホテルはいいところに泊まろう

shutterstock_113762116

まず思うのが、南京錠を使うよりも、よっぽどセキュリティー対策になるのが

まともなホテルに泊まることですねw

数百バーツくらいの安いゲストハウスに泊まる。というのが、まずリスクになります。

南京錠つけるぐらいタイの治安が心配なのであれば、セキュリティーの整ったホテルに泊まりましょう。

お金で安心を買うようなものですね。

まあ、ゲストハウスも楽しいのでボクはリスクを選んだりしますがw

南京錠よりもスキミング防止ポーチ

shutterstock_167811116

じゃあ、予算的にもゲストハウスとかに泊まらないとという人はどうすればいいか?

それについては、自己防衛策の記事でも触れましたが、

スキミングバッグを下着の下に忍ばせましょう。

これが何よりのリスク回避だと思います。服の下まで攻めてくる人はなかなかいません。

ボクが盗難にあった時、ズボンの腰に隠れていたコイツがパスポートを隠してくれたおかげで、

被害はカバンにある金品のみで済みました。いやー、被害にあったのは災難でしたが、

その仕掛けの強さに、思わず微笑んでしまいましたねw「あ、ここはバレなかったんだ」ってw

 

タイは暑いので、通気性の良いものをオススメします。

安すぎるやつだと蒸れてくるので、つけているのが疲れちゃいますよw

南京錠は絶対!いやいや、海外旅行保険が絶対!w

shutterstock_330606134

というわけで、南京錠は絶対必要かというと、そうではないかなとw

別にこういう対策ってやったところで、やられるときはやられますw

カバンを破かれる、ワイヤーを切られる、金具を壊されるかでやられちゃうんです。

 

なので、盗難にあったときのために、海外旅行保険には必ず入っておきましょう。

万が一の対策が一番大切なのではないでしょうか?w

被害届を現地で作成しておけば、携行品の損害にかんしても保証してくれます。

もちろん、万が一のためだけに海外旅行保険はもったいないので、

クレジットカードに付帯してくるサービスを有効利用するのがオススメですよ!

登録料、年会費も無料なので、事前に作っていくのもアリですね!

詳しい内容はコチラの記事で解説してます!

海外旅行保険はクレジットカードの付帯サービスを活用しよう!

2016.01.31

携行品のみの保証となると、スキミング防止ポーチに何を入れればいいか見えてきますよね?

そうです。海外旅行保険で保証してくれない「現金とパスポート」を入れておきましょう。

まとめ

shutterstock_315368747

いかがだったでしょうか?

南京錠の必要性に関して、初めて盗難にあった時からずーーーっと思っていたので

この際記事にさせていただきましたw

 

どうしても不安、南京錠をつけていると安心!という方はいいと思いますが、

多分安心感よりも、開閉が面倒臭いという気持ちが上回ってくる時がきますよw

正直盗難のターゲットとなり得る南京錠は、あえてしないのもありかなとw

 

そして、南京錠をしない上での盗難対策をしていくのがいいかなと思います。

・予算が大丈夫なら、しっかりとした滞在先(ホテルなど)を選ぶ

・バックパックの中はあくまで携行品、貴重品は入れない

・貴重品はスキミング防止ポーチで守る

・海外旅行保険は絶対に入る(クレジットカード付帯サービスがオススメ)

「旅行を安全にするための自己防衛策」についての記事はコチラ

タイに一人旅したい!でも、治安とか大丈夫?旅行を安全にする自己防衛策

2016.03.25

しっかりと対策は考えて、楽しいタイ旅行にしてくださいね!

それでは!


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!