ドリームホテル(Dream Hotel)バンコクで人気のJF無料ホテル!

ドリームホテル外観

バンコクの人気エリア、アソーク駅はターニミナル21や、美味しいタイ料理レストラン、ゴーゴーバーといった様々な観光スポットがあります。

地元のタイ人はもちろんの事、タイ旅行に来た人にも人気があります。

そんな人気エリアに建つドリームホテルは、アソーク駅から徒歩圏内の好立地のホテル!

部屋については、JF無料ということもあり、ゴーゴーバーに来ている日本人のお客様にも人気のホテルです。

JF無料のドリームホテル、スクンビット15の好立地なホテル

ドリームホテル外観2

ドリームホテルは、スクンビットのソイ15から約7、8分ほど歩いた、少し奥まったところに位置します。クルクルと回転するサイコロの形をしたモニュメントが印象的。

同じソイ15には「モーベンピックスクンビット15」もありますね。

モーベンピックスクンビット15と比較して、ドリームホテルは宿泊の料金もリーズナブルで、ランクとしては中級クラス。

価格の割に、立地の良さと、清潔感のあるお部屋、ジムとプール完備、JF無料、朝食ビュッフェとコスパの高い内容が、人気の理由のようですね。コスパが高いことから、リピーターも多いようです。

ドリームホテルロビー

ドリームホテルは、受付24時間対応。フロントでは、セーフティーボックスも完備していました。

ビル1とビル2があり、宿泊する部屋によって棟が分かれているようですね。チェックインの時に案内してくれます。

また、ビル1にはレストランがあり、ビル2にプールとジムがあります。

ドリームホテル送迎バス

ビル1のカウンターに頼めば、アソーク駅近くのショッピングモール、ターミナル21に送迎してくれます。しかしながら、ピストン運行ではないので、帰りの便は電話で呼ばなくてはいけません。

タイの場合、フリーSIMの端末等があれば、簡単に電話番号を取得できるのですが、通常の旅行だと電話番号を所持していない方のほうが多数だと思います。

なので、帰りは徒歩でホテルに帰ることになりますが、ホテルから出かける際は有効活用しましょう。

青いLEDが印象的な客室

ドリームホテルベッド

今回宿泊したお部屋が、こちらのクラシックスイートタイプで、リビングルームとベッドルームが分かれており、広さは52㎡と広々スペース。浴室はバスタブ付きになりますね。ドリームホテルでは最高ランク。

スタンダードランクのデラックスルームも、写真のようなスタジオベッドルームで、32㎡の部屋に1キングサイズベッドとシャワールームといった感じですね。

値段に関しては、スイートルームが最高ランクということもあり、朝食付きで1泊約15000円と少々高め。スタンダードランクのプレミアスタイプは、1泊約7000円になりますね。

お部屋は紺色の絨毯仕立てになっていて、音が反響しない落ち着いた雰囲気でした。

全ての部屋の天井には、青いLEDが採用されていて、通常の照明を消すと夜は部屋中が青く照らされますw

ロマンチックな雰囲気を醸し出してるだけだと思ったのですが、実は青い光というのは寝室に最適な色なんだとか。

なんでも、青色の寝室で寝ると最も質のいい長時間の睡眠ができるほか、幸福感やポジティブな気持ちで目覚められるのだとか。

また、青色は空や海を連想させ、清涼感も感じさせるということで良いことづくしだったみたいですw

ちなみに、青色のライト落ち着かないとかで、体に合わなければ消灯することもできるので安心してください。

ドリームホテルリビング

クラシックスイートタイプのリビングルームは写真のような感じで、長方形のスペース。(部屋によって異なります。)

ダイニングテーブルと、奥にはテレビを眺めるのに最適なソファーベッド、作業用のデスクもありました。

ドリームホテルトイレ

浴室は写真のような感じで、白タイルの清潔感のある雰囲気でした。

とあるサイトで、歯ブラシや髭剃りが欲しいと書いてありましたが、しっかりと用意してありましたよ。

トイレに関しては、シャワーヘッドが付いています。

ドリームホテルバスルーム

シャワールームは、普通のシャワーヘッドと天井からのシャワーの切り替えが可能なタイプになっています。

クラシックスイートルームになると、写真のようなバスタブ付きになりますね。お湯に浸かってのんびりしたい方は、スイートルームがおすすめ!

ドリームホテルテレビ

お部屋には、テレビが完備されていています。タイのテレビ番組は見ないので、いつもはスルーしていましたが、ドリームホテルのテレビはちょっと違いました。

なんとテレビのメニュー画面から、映画が無料で観れるという嬉しいサービス付き。デッドプールとかの最新映画も登録されていました。

残念ながら、日本語吹き替え、字幕はないので、英語がわからないとキツイですねw

朝食はビュッフェスタイル

ドリームホテル外観

朝食は2階のレストランで食べられます。

この価格帯では嬉しい、ビュッフェスタイルになります!種類は多いとは言えないですが、この価格帯なら仕方ないと思います。

味は美味しく、コスパは高いと思いました!連泊するリピーターにも、飽きないと人気があるみたいですw

プール、ジムのロケーションも完備

ドリームホテル2

プールやフィットネスジムのロケーションは、ビル2にあります。

ビル1との距離は10メートルほどの距離で、ほぼ隣に隣接されている感じなので、ストレスは感じないかと思います。

ドリームホテルプール

プールは屋上にあり、とても開放的でした。

夜になると、ドリームホテルならではのLEDライトの演出が、綺麗にプールを照らしています。

また、プールサイドにはバーが併設されているので、行くなら夜がオススメですね!

ドリームホテルジム

ジムルームは、プールの一つ下の階にあります。

ランニングマシン、フリーウェイト、総合マシン等があって、内容はバッチリでした。

ドリームホテルへの行き方

ターミナル21

ドリームホテルへの行き方といえば、スクンビットのソイ15から行くのが一般的とされていますが、個人的にはBTSアソーク駅直結のショッピングモールターミナル21からの道がわかりやすいと思うので、そちらをオススメします。

写真のターミナル21はアソーク駅に行けばすぐわかるのですが、そのショッピングモールの正面玄関の隣にある通りがソイ19となっています。

そのソイ19をまっすぐ進み、一つ目の十字路を左にまっすぐ進んだところに、ドリームホテルが見えてきます。

『Dream Hotel』についての詳細情報はコチラ

ドリームホテル外観


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!