EMSで、日本からタイに荷物を実際に送ってみた!配送の日数、送料、注意点など

サワディークラップ!どうも、タカです!

今日は、ホワイトデーですね!

ただ、前の記事でも書きましたが、タイにホワイトデーは存在しませんw

タイのバレンタインは、女性が主役!男は男らしく!

2016.02.02

タイの場合、男もバレンタインデーに大切な人に贈り物をするものなのですが、

日本にいたボクは、今の彼女さんに何にもしてあげられず・・・w

しかし!タイの彼女は、なんとボクにEMSでバレンタインギフトを贈ってくれました。(なにが来たかは秘密w)

いやー、反省しましたよ。

天使のように優しい彼女さんなので、怒っていなかったですが、ダメですよねー・・・。

 

ここはボクもEMSで、日本流のホワイトデーでお返しするしかない!

っということで、今回はEMSを使って、実際にタイに荷物を配送してみたので、そのレビューをしたいと思います!

EMSってなに?

shutterstock_278921753

知らない方のために、念のためEMSについて簡単に説明しますね!

EMSは、国際空輸便のことで、世界中に30kgまでの荷物を配送できちゃうサービスです。

120カ国もの国に送れるから、殆どのところはカバーできますね!

 

魅力はやっぱり空輸便ならではのスピード!送料は若干割高かもしれませんが

海外への配送なのに、船便の1ヶ月くらいかかってしまうのとは違い、

数日(国による)で届いてしまうので、とても便利ですね。

また、2万円までのものであれば、保証が自動で付いてくるから安心です!

配送のお手続き

dsc04408.jpg

配送の手続きは、とっても簡単です!

郵便窓口にいって、EMSの配送がしたい旨を伝えれば、上の写真の配送伝票がもらえます。

記載内容は以下の通りです。

記載内容

・受付月日

・ご依頼主の氏名

・ご依頼主の住所、郵便番号

・ご依頼主の電話番号、FAX番号(FAX番号は記載しないでも大丈夫でした)

・お届け先の氏名

・お届け先の国名、住所、郵便番号

・お届け先の電話番号、FAX番号(同上)

・送る物の内容詳細(値段、個、贈物or商品orサンプル等の該当欄に選択)

・原産国

・署名

※基本的には英語での表記になります。

配送伝票の記入が終わりましたら、次はインボイスの記入になります。

と言っても書くところはあまりないのですが、

贈物であれば、そこにチェックマークをして、署名すれば大丈夫です。

※荷物が贈物である場合は、必ず贈物にチェックを入れましょう。受取人に関税が請求される場合があります!

荷物を詰めよう!

dsc_0032.jpg

「ん!?黒い袋!?怪しいなw」なんて言わないでくださいw

中には可愛い人形ちゃんが入っていますよw ちなみに、録音機内蔵の喋るお人形ちゃんw

小さい封筒でしたら、郵便局から無料でもらえますが、大きい荷物の場合梱包用のダンボールを別途買いましょう。

dsc_0029.jpg

大きさも数種類あるため、自分の送りたい物のサイズにあったダンボールを選べますよ!

値段は一番小さいやつだと100円から、

dsc_0030.jpg

こちらの一番大きいやつで370円になります。

値段は全然安いので、ボクは郵便局でダンボールを買って梱包するのをオススメします!

送る物より少し大きめのダンボールを買って、緩衝材を入れておくといいかもしれませんね。

日本の配送は丁寧に扱ってくれますが、国が変わればどうなるかわかりませんw

特にタイとかはwww

ここら辺は、できる範囲でリスク回避しておきたいですね。

危険物など物によっては送れない物も

th_shutterstock_163885157

EMSを利用する前に注意しておきたいのが、配送が禁止されている物。

やはり空輸便なので、危険物に関してのチェックが厳しいです。

危険物扱いになるもの例

・火薬類(花火、クラッカー、発煙筒等)

・高圧ガス(スプレー缶、ガスライター等)

・引火性液体(オイルライター、ペイント類、アルコール、香水等)

・可燃性物質(マッチ、炭)

・バッテリー類

※ボタン電池は可能

配送前に事前確認しておきましょう。

ちなみに、今回ボクが送った、録音機内蔵のお人形さんは、

内蔵しているバッテリーがボタン電池だったため、配送が可能でした。

不安であれば、郵便局に聞いてみるのが一番確実です。

配送日数と送料はどれくらい?

shutterstock_339458915

今回配送した物に関しては、重さも軽かったので、500g以下ということで1,100円しました。

目安としてアジア圏内の場合、

1キロまで1,500円、10kgまで10,200円、20kgまで18,200円、30kgまで26,200という感じですね。

重さの分だけ値段は高くなりますが、スピードと保障内容からEMSはオススメですね。

 

また、日数に関しては郵便局の方には「4日から5日間ぐらい」と言われました。

基本3〜4日間くらいで着くのですが、サバを読んで多めの日数で答えてくれました。

というのも「日本からは今日にでも出ますが、タイに入ってからはどれくらいで届くかはわからない」ということで、

国が変わってしまえば、日数が見えてこないという回答でしたw

まあ、EMSならいくら遅くても一週間以内には届くでしょうw

配送の結果

fb_img_1457783778817.jpg

送った荷物が、無事タイに到着したようですw

火曜日の午後に配送し、金曜日の夕方にタイの彼女の家に届いたみたいですね。

ちょうど丸3日って感じですね。

おそらくバンコクや、パタヤ市内とかでしたら、3〜4日間くらいで着くのでしょう。

到着した時の状態は、良好だったみたいですね。

まとめ

shutterstock_315368747

いかがだったでしょうか?

EMSって本当に便利でしたw というか助かりましたw

今まで海外の方とやりとりしたことがなかったので、

つい最近まで、こういうシステムがあったことを知りませんでした。

EMSのこのスピード感と安心感はありがたいですね!w

皆さんも、海外の人に何か送りたいものがあった時は、ぜひ活用してみてくださいね!

それでは!


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!