タイ 観光

タイのバンコク最大規模のフラワーマーケット、深夜に賑わうマーケット、パーククローンタラート!

フラワーマーケット

日付が変わり、人々が寝静まった真夜中のバンコク。

バンコクには、そんな真夜中に賑わいを見せる市場があります。

パーククローンフラワーマーケットは、タイの首都、バンコクにあるタイ最大規模フラワーマーケットです。

まずは動画でフラワーマーケットの様子を覗く!

パーククローンタラートとは

パーククローンタラートは、タイ最大規模の花市場で、毎日24時間休むことなく営業している市場です。

連日深夜過ぎから夜明け前の時間帯になると、タイ全土の栽培地から花々が市場へ運ばれ始め、市場で働く人達や、お花の買い付けにやってきた業者の方々、一般客で賑わいを見せます。

24時間営業といえど、夜の10時頃から深夜過ぎの夜明け前の時間帯が最も賑わっている時間帯となっています。

市場に足を運ぶお客のほとんどが、花を大量に買い付けに来たバイヤーとなっていますが、個人の方であっても市場で花を買うことができます。

マーケットで売られている、花の種類や値段

取り扱っている花の種類は豊富で、在来種のキク、ユリ、ジャスミン、ガーベラ、ラン、バラなどをはじめ、輸入種であるチューリップ、キンギョソウ、アヤメ、ヒエンソウなどの花もあります。

お供え物に使う花飾りの取り扱いが一番多いですが、バラの花束やフラワーアートなどのサービスを提供している花屋もあり、結婚式や記念日などにお花を買いに来るお客もいます。

値段はとても安く、バラ50本の花束でも50-70バーツ程度で買えてしまいます。

バレンタインデーなどのシーズンになると値段が倍以上に高騰しますが、それらを除けば日本の花屋とは比較にならない安さです。

パーククローンタラートは、卸売市場となっているので、観光スポットといえる場所ではないですが、市場の周辺にはいくつもの花屋が立ち並んでいます。

お花が大好きたくさんのお花を見に行きたいお花を安く買いたい、そんな方にとってはもってこいの場所なのではないでしょうか。

パーククローンタラートへのアクセス

パーククローンタラートは、王宮周辺のエリアにあります。

BTSなどの鉄道は使えないので、タクシーやトゥクトゥクに乗って行くのがオススメです。

バンコクでは有名な市場なので、タクシーの運転手にパーククローンタラートと伝えれば理解してもらえるでしょう。

寺院観光などのついでによってみるのも良いかもしれませんね。