渋谷で人気のカオマンガイ店「ガイトーン」、タイのバンコクにある本店ってどうなの?

渋谷のタイストリートにある、タイ屋台料理「ガイトーン」をご存知ですか?知っている人なら知っている、カオマンガイ専門店。

タイ料理好きの熱狂的ファンから連日大盛況のお店ですが、こちらのカオマンガイ店の本店がタイのバンコクにあるってご存知でしたか?

タイのバンコクにあるカオマンガイ専門店「ガイトーンプラトゥーナム」

今回は、そのバンコクにあるガイトーンプラトゥーナム本店に行ってきました。本場のガイトーンを食べてきたので、そちらのレビューをしていきたいと思います!

タイのカオマンガイ人気店「ガイトーン・プラトゥーナム本店」に行ってきた!

th_IMG_2856

BTSのチットロム駅からラチャダムリ通りを歩いて数分、運河を渡り、ペッブリー通りの交差点を右手に曲がって50メートルほど進んだ先にあるのが、こちらのガイトーンプラトゥーナム。

タイのカオマンガイ人気店、ガイトーンプラトゥーナムと言われると、多くの方がこちらの写真のピンク色のポロシャツを着た従業員が営業しているお店を連想します。

お店の色のモチーフがピンク色というだけあって「ピンクのカオマンガイ」という愛嬌で親しまれていますね。

営業時間は、早朝の5:30〜14:30、夜の17:00〜04:00の2回営業しています。

ピンクのカオマンガイと緑のカオマンガイ

th_IMG_2854

渋谷に建てられたガイトーンは最初にご紹介したピンクのカオマンガイがモチーフとなっています。

ただ、ここで忘れて欲しくないのが、緑のカオマンガイの存在です。

ガイトーンプラトゥーナムとは、プラトゥーナムにあるガイトーンということで、実は2つの店舗の意味を指しているのです。

th_IMG_2860

ピンクのカオマンガイから数十メートル離れたところにある、ペッブリー通りの交差点前にあるのが、こちらの緑のカオマンガイ。

緑のカオマンガイと呼ばれているように、お店のカラーは緑がモチーフとなっています。

一見ピンクのカオマンガイのライバル店のように見えますが、実は同じ家系のお店で、緑のカオマンガイの方が古い歴史があったりするのです。

ピンクのカオマンガイが日本に進出したことから、ピンクのカオマンガイの方が流しられ渡っていて「本物」みたいに捉えられますが、タイ人の中では、ピンクのカオマンガイ派、緑のカオマンガイ派で分かれるほど緑のカオマンガイも有名店の1つなのです。

バンコクのガイトーンプラトゥーナムに行った際には、ぜひ2つのカオマンガイの味に挑戦してみてくださいね。

ピンクのカオマンガイと緑のカオマンガイを食べ比べ!

今回ボクは、もちろん2つのカオマンガイを食べ比べてきました!

2つのカオマンガイ店は、どれだけ味が違うのか、美味しいのはどっちなのか。実際に食べてみて、確かめてやろうと思ったわけですw

まずは、定番ピンクのカオマンガイ!

th_IMG_2855

まず最初にご紹介するのが、渋谷のガイトーンのモチーフにもなった、こちらのピンクのカオマンガイ。本場のカオマンガイを前にして、ちょっと興奮しましたw

メニューはシンプルで、カオマンガイか、肝セット、あるいはチキンだけのセットの3種類、大盛りも頼めば可能です。今回は、スタンダードにカオマンガイのみを注文してきてました!

th_IMG_2852

こちらが出てきたカオマンガイ、スープ付きです。お店は混み合っていましたが、5分ほどで出てきてスピーディーな対応でした。

お腹も減っていたので、早速カオマンガイに食らいつきましたw

カオマンガイの有名店になると、こういう味がするのか!

ご飯には、しっかりと鶏の出汁が染み込んでいて美味しかったです!ナムジムカオマンガイと言われるカオマンガイのタレは、マイルドな辛味タレで美味しかったです。辛いのが苦手な方でも、大丈夫だと思います。

th_IMG_2853

そして、カオマンガイに必ずと言っていいほどついてくる鶏ガラのスープですが、こちらは少し胡椒が効いている味でした。こちらも鶏の出汁がしっかり出ていて深い味でしたね。

緑のカオマンガイ!

th_IMG_2857

続いていただいたのが、緑のカオマンガイ!営業時間がピンクのカオマンガイとちょっとずれているため、ピンクのカオマンガイが閉店した途端、長蛇の列がお店の前にできていましたw

緑のカオマンガイのいいところは、メニューにチキンフライがあるということ。スタンダードなカオマンガイに飽きたら、フライのカオマンガイを食べてみるのもオススメですよ!

今回は、ピンクのカオマンガイとの食べ比べなので、もちろん普通のカオマンガイを注文しました。

th_IMG_2858

出てきたのがこちら!緑のカオマンガイの率直な感想として、ピンクのカオマンガイと比べて、ご飯にもっと出汁がしみていて美味しい!というところですね。

タレは緑のカオマンガイの方が、酸味が強くさっぱりとした辛さでしたね。辛さも緑の方が強いかも。

ただ、鶏肉に関しては、ピンクのカオマンガイの方がしっとり目だったかなと思いました。緑のカオマンガイは部位が悪かったのか、ちょっと淡白でしたね。

th_IMG_2859

鶏ガラスープもピンクのカオマンガイと違いがありました。緑のカオマンガイの鶏ガラスープは、胡椒の味付けがされておらず、鶏ガラスープそのもの。

本当に優しいスープでしたねw

結局どっちがいい?味、値段、テイクアウト

今回ピンクのカオマンガイと、緑のカオマンガイを2つとも食べてみて、結局どちらがいいのか?

正直こればっかりは、好みかなとお思いましたw

1つ言えることは「どちらも美味しいですw」ということですねw

ただ、個人的には、緑のカオマンガイの方が好きです。なぜかというと、ご飯のより深い美味しさと、辛味のタレのスッキリとした辛さが好みだったからです。

また、緑のカオマンガイになれば、チキンフライも楽しめるというのもアベレージポイントですね!劣化版と思っていたのが、申し訳なく感じてしまいましたw

ガイトーンプラトゥーナムといえば、ピンクのカオマンガイが有名なので、どうしてもピンクに行きたくなってしまいますが、どちらも美味しいので、安心してください!

値段はどちらも40バーツ(約120円)です。日本で食べるよりも遥かに安く、そして美味しく食べれます。w

また、ピンクのカオマンガイも緑のカオマンガイもテイクアウトが可能なので、時間がない場合はテイクアウトするのをオススメしますよ。

まとめ

shutterstock_315368747

渋谷にあるタイ屋台料理「ガイトーン」タイのバンコクに行けば、カオマンガイの本場の味を堪能できます!しかも値段は40バーツ安いのも魅力の1つ!

また、バンコクにはピンクと緑の2つのカオマンガイが存在します。今回ボクが、2つのカオマンガイを食べ比べしたように、皆さんも食べ比べに挑戦してみてくださいね!

あなたはピンクのカオマンガイ派?それとも緑のカオマンガイ派?

カオマンガイについての記事はコチラ

カオマンガイを食べよう!辛くない美味しいタイ料理!味の決め手はタレと出汁!

2016.03.23


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!