「QUIK KEY」GoPro内のデータを高速でスマホ、タブレットに転送するSDカードリーダー!

GoPro SDカードリーダー

GoProで撮影した画像データをスマホやタブレットに転送するときに、あなたはどのような方法を使っていますか?

過半数の方がGoProのWi-Fi機能を使ってスマホと連携させ、データを転送しているのではないでしょうか?

この機能はとても便利ではあるのですが、一つ問題があります。

それは長い動画などの大きい容量のものを転送する場合、かなりの時間がかかってしまうということです。

データの転送に時間がかかり、動画を転送するたびにストレスになっていませんか?

そんな方に、今回はとっておきのツールをご紹介したいと思います!

マイクロSDカードリーダー「QUIK KEY」

GoProで撮影した動画の転送時間にストレスを感じているあなたにオススメしたいのが、こちらのQUIK KEYGoProの公式アクセサリーになりますね。

商品の名前にもある通り、microSDカードリーダーとなっています。本体自体はスマホやタブレットに直接差し込めるようになっており、microSDカード内にあるGoProの動画や写真データをスマホやタブレットで素早く読み込むのに最適化された作りとなっています。

iPhone,iPadのようなMac製品に使用できるタイプと、micro-USB端子に接続できるアンドロイド製品対応のタイプの2種類がありますね。

GoPro SDカードリーダー

パッケージの中身は上の写真のような感じで、microSDカードリーダー本体とラバーケース、ホルダーのシンプルな内容になっています。

QUIK KEYのここが使える!

GoPro SDカードリーダー

ただのmicroSDカードリーダーであったら、わざわざ紹介なんてしません。普通のカードリーダーとは違って、スマホやタブレットにGoProデータを転送するのに圧倒的に便利だから紹介するんです!

まずは、QUIK KEYがどのように便利なのかを説明していきたいと思います。

microSDカード内のデータに簡単、素早くアクセス

GoPro SDカードリーダー

一番のメリットはここですね。本当にスピードが早いです。Wi-Fiモードの倍以上のスピードを体感できるでしょう。

今までGoProで撮影した動画や写真のデータをスマホやタブレットで読み込むのに時間がかかりイライラしていましたが、このQUIK KEYによって、そのストレスが一気に解消されました。

Wi-Fiを使ってGoProと接続しデータを送信するのも便利ですが、それ以上にこのスピード感を一度体感したら、こっちでデータ送信をしたくなりますね。(Wi-Fiモードとの比較はあとに記載してあります。)

GoPro公式アプリとの互換性バッチリ

そして、GoPro用に作られているSDカードリーダと言うだけあって、GoProの公式アプリとの相性が非常にいいです。

まず、スマホにこちらのQUIK KEYを接続すると、GoProアプリのCaptureが自動的に起動され、データ共有を簡単に行えます。

また、GoProで撮影した動画を編集するアプリのQuikを使用する際は、QUIK KEYを接続した状態で動画編集が可能で、編集した動画もmicroSDカードへ保存できます。なので、スマホの容量を圧迫する心配もありません。

GoProのバッテリー節約になる

当然のことですが、GoProのWi-Fiモードを使ってスマホやタブレットにデータ転送をすれば、そのデータ転送をしている間はGoProのバッテリーも消耗することになります。

ただでさえGoProのバッテリー容量は少ないので、データの転送だけでバッテリーを大量に消耗してしまうのは嫌ですよね。

その点QUIK KEYはmicroSDカードリーダなので、GoProからmicroSDカードを取り出す手間はありますが、GoProのバッテリーを消耗してしまう心配は一切ありません。バッテリーの節約になります。

持ち運びに便利な小さいサイズ

GoPro SDカードリーダー

カラビナが付属しているので(取り外しも可能)カバンにつけたりもできますし、ジーンズのコインケースやシャツの胸ポケットに入れても邪魔にならないサイズ

ケースに収納した状態で、だいたい人差し指の第二関節分くらいの大きさです。小さいから持ち運びに困ることはないですね。あと、個人的にはこのデザインがかっこよくて気に入っていますw

また、付属しているカバーは太陽光・風雨・温度変化などに対し、変質や劣化を起こしにくい耐候性カバーとなっています。意外に頼れるカバーw

転送スピードをWi-Fiモードの時と比較

QUIK KEYの良さがだいたいわかったものの、一番気になるのは、データの転送スピードがどれほどのものなのか?というところではないでしょうか?

そこで今回は、GoProで30秒間の動画を3種類(4K、2.7K、1080p)撮影し、同条件の動画をWi-FiモードとQUIK KEYでどれだけ転送スピードが違うのかを比較テストしてみました。

Wi-Fiモードで3種類の動画を転送

まずはWi-Fiモードでどれだけ時間がかかるのかを見てみましょう。

最初のスクリーンショットが1080pの動画データを転送している時の結果です。

所要時間は54秒と言う結果になりました。

次のスクリーンショットが2.7Kの動画データを転送している時の結果です。

所要時間は58秒という結果で、あまり1080pとは変わらない結果になりましたね。

そして、最後のスクリーンショットが4Kの動画データを転送している時の結果になります。

所要時間は1分45秒とかなり長い時間になりました。今回のテストでは30秒の動画を使いましたが、これが長い動画になったら、どれだけ時間がかかるかだいたい予想できますよね?w

QUIK KEYで3種類の動画を転送

では次にQUIK KEYを使った時のデータ転送時間を見てみましょう。

まずは、1080pの転送時間ですが、かなり早いです!

転送時間を「計算しています・・・」というメッセージの段階で、すでに60%くらいが読み込まれました。(所要1,2秒)

そして、1秒も経たないうちに「00:00残り」の表示

Wi-Fiモードの時は54秒かかったので、それと比較したらめちゃくちゃ早いですねw

次に2.7Kの転送ですが、これも1080pの時と同じように高速でしたw

転送が始まってすぐに60%の読み込みが終了、計算していますの文字が切り替わると「00:01残り」の表示

Wi-Fiモードの時は58秒かかったので、全然早いですねw

そして、最後が4K動画のデータ転送ですが、これも驚きの結果でした。

なんと、所要時間は24秒!めちゃくちゃ早いですねw

Wi-Fiモードでは1分45秒かかったのに、QUIK KEYなら24秒ですw

Wi-Fiモードだと、1080pの動画データを送信するのに54秒かかったのに、QUIK KEYであれば4Kの動画データをそれの約半分のスピードで転送できちゃうんです!

相当スピードが早いというのが、伝わったでしょうか?w

めちゃ便利だけど、こういう人には向いていないかも

GoProの動画・写真データを素早くスマホやタブレットにデータ転送したり、気軽に動画編集をするにはもってこいのQUIK KEY。GoProを使っている方であれば、一つは持っておいたら便利なアクセサリーです。

しかしながら、必ずしも全員に向いているとは言えなそうです。なぜならば、こちらのQUIK KEYを使う場合は、GoPro本体からmicroSDカードを取り出す必要があるからです。

マリンスポーツや、ウインタースポーツ、釣り場などのGoProが濡れやすい環境で使用している場合は、結構リスキーだからです。

帰って室内で行えば問題ないですが、そもそも家に帰ってパソコンにしか動画データを落とし込まないという方には、全く必要のないものになりますw

そういう方は、こちらにお金を使うよりはGoProと互換性の良いメモリーカードなどにお金を費やした方が良いかもしれませんねw

まとめ

GoProのWi-Fi機能を使ってのデータ転送。大きい容量のデータになればなるほど、その転送には時間がかかります。

データの転送に時間がかかり、動画を転送するたびにストレスになっていませんか?

そんな方には、今回紹介したQUIK KEYが絶対にオススメです!GoProの公式アクセサリーなので、GoPro公式アプリとも相性が良くて使いやすく、転送スピードもWi-Fiを使用した時と比較して半分以上短縮することができます!

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

GoPro SDカードリーダー


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!