マンフロットのミニ三脚が最高!旅行で活躍すること間違いなし!

タイブログをしていると、記事内の写真に拘りたくなってしまう。

良い写真を撮るために、日々精進しておりますw

そんなボクが使っているカメラは、CanonのEOS Kiss X8iSONYのαNEX-5R

今は専らEOS Kiss一本になってきていますね。

この二つのカメラを使って旅行中に写真を撮るわけなのですが、その時何かと必要になるのが三脚ですよね。

今まで三脚を「旅行の荷物になる」という理由で避けてきましたw

そんな中、「こりゃー良いぞw」と思えるものに出会えたので、買ってしまいました!今回は、その三脚のご紹介です!

ミニ三脚「Manfrotto PIXI」

th_IMG_4723

買ったのが、こちらのManfrottoPIXIという、ミニ三脚。Manfrottoは、カメラの三脚で有名なイタリアのメーカーですよね。

口コミでものすごく評価が高かったので、買ってしまいました!

少し使ってみた感じとしては、期待通りといった感じ。旅行に必須のアイテムになりそうです!

コンパクトで持ち運びには最適なサイズ感!

th_IMG_4721

嬉しいのが、こちらの畳んだ時のサイズ感。使っているXperia Z3と比べたら、こんな感じ。

重さは、190gと丁度いいズッシリ感。高さは、開脚時 13.5cm、格納時 18.5cm。

カバンに忍び込ませて、旅行に持って行ったりするには最適なサイズですね。

今回買ったのは、カメラが黒なので、黒のタイプを買いました。

カラーバリエーションは、全部で4種類あります。

畳んで使えば、持ちやすいグリップ

th_IMG_4722

マンフロットのパッケージにも書いてあったので、公式的な使い方だと思うのですが、折りたたんだ状態でグリップになります。

これが、今回ボクがマンフロットを選んだ理由です。

コンパクトなミニ三脚って腐るほどあるんですが、こう言ったグリップにもなるタイプってあんまりないんですよね。

握り心地も最高!アルミニウムのズッシリとした金属感が手に馴染みます。

旅行先でセルフィーで動画を撮ったり、カメラを高いところに持ち上げて動画撮影する人なら、最高の機能ですよね!

ボタンで雲台を簡単にポジション設定

th_IMG_4725

雲台の切り替え方は、簡単!雲台についている、マンフロットマークの赤いボタンを押すと、グリグリ移動できます。

スピーディーに設定できるし、360度グリグリできるから、ストレスなく被写体を狙えますね。

カメラに取り付けてみる

th_IMG_4741

実際にSONYのカメラに取り付けてみると、こんな感じで安定感はバッチリですね。

重量としては、1KGまで耐えられるようになっています。

ミラーレスやコンデジ、GoProのようなアクションカムだと安定して使えそうですね。

th_IMG_4742

こういった感じで、グリップにして動画撮影に使ったり、リモートコントロールでセルフィーとしても使用可能です。

一眼レフで使えるの?

今回買うときに、こちらのミニ三脚のスペックの良さは知っていたのですが、「果たして、今メインで使っているEOS Kissで使えるのか。」という心配がありました。

しかーし!調べても、これについての情報があまり無いw

思い切って買って、試してみることにしました!

dsc04422.jpg

実際に装着してみるとこんな感じ。

レンズは、シグマのズームレンズを装着しています。

こちらが、565gで結構重いレンズで、カメラは本体が510gになります。

総重量1075gで、ギリギリ1kg超えちゃっているのですが、なんとか使えました。

足をレンズと同じ方向に開いてあげれば安定して使えましたね。

dsc04424.jpg

ズームしても同じような感じで使えました。

ただ、ここで問題が発生w

dsc04423.jpg

90度より下を向けようとしたら、ズーム時だと重量に耐えられず雲台が下にずれちゃいました。

まあ、ズームしながら下を撮影なんてシチュエーションはあまりないですがw

dsc04425.jpg

一番使いそうな上向きのズームはバッチリ使えましたね。

dsc04427.jpg

あとは、グリップにしても使えました!根元の方を持てば、しっかりと安定しますね。

EOS Kissといえど、レンズと合わせて1kgはあるので若干重いですがw

これができたので、買って正解でした!大満足!

賛否両論の後継機ManfrottoPIXI EVOってどうなの?

今回買ったManfrottoPIXIなのですが、実は結構昔からある商品で、今では後継機のPIXI EVOというのが発売されています。

足の長さが5段階調整ができたり、雲台を取り付けやすかったり、縦位置撮影ができたりと、出来ることが増えていますね。

思わず後継機を買ってしまいそうになりましたが、必ずしもこちらの後継機がいいというわけでもないみたいですw

PIXIよりも一回り大きいサイズ感で、コンパクトじゃない。

質感もプラスチックっぽい。

雲台がボタン式じゃない。

といったような感じで、賛否両論がありました。

サンプルを触ってみると、確かにPIXIの方が良いじゃないか!って思うほどでしたw

迷った末、旧型であるPIXIを買ったわけです。

実際に、PIXIをEOS Kiss X8iに付けて使ってみて思ったのですが、後継機のEVOは、2,6kgまでの重量に耐えられるので、本格的なフルサイズ一眼レフなどの重いカメラと合わせて使う人が向いているのかな?と思いました。

Go Proなどのアクションカム、ウェラブルカメラ、ミラーレスなどの軽いカメラなら、ボクはPIXIをオススメします!

まとめ

shutterstock_315368747

今までこんなミニ三脚探してました!旅行で間違いなく活躍しますなw

コンパクトで、安定感もあって、自撮りグリップにもなっちゃう。この値段で、このクオリティーならコスパはバッチリかなと思いました。買って正解!

ミニ三脚を探している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!