メトロポール バンコク(Metropore Bangkok)は、クラシックモダンで洒落たホテルでした。

メトロポールバンコクのロビー

今回ご紹介するホテルは、メトロポール ザ クレスト コレクション バイ ザ アスコット リミテッド(Metropole The Crest Collection by The Ascott Limited)です。何やら長いホテル名ですが、通称してメトロポール バンコクとも呼ばれています。

by The Ascottと付いている通り、The Ascottホテルの系列店になりますね。

こちらのホテルは、 2016年の11月に建てられた新築のホテルなので、新しい物付きの方には是非オススメしたいです!

(外観の写真は撮り忘れました、すいません。w)

立地はスクンビット通り沿い、でも決して便利ではない

メトロポール バンコクは、スクンビットのソイ55の一番奥にあるホテルで、地図でいうと、下のような感じです。

メトロポールバンコクの地図

バンコクのど真ん中とは言えませんが、スクンビット通りのソイ55の一番端っこという覚えやすい場所にあります。ですが、スクンビット通りのソイ55の一番端っこというだけあって、歩いての移動は少し大変です。タクシーを使うのが基本になるかもしれません。

スクンビット通り沿いとはいえ、アクセスの面で決して便利とは言い切れないのが、唯一の欠点だったかもしれません。

「スクンビットのソイ55の通りをまっすぐ進んだ一番端」という分かりやすい場所が救いwタクシーの運転手がホテルを知っていなくても、場所は伝えやすいと思います。(経験談w)

お洒落な内観で気分も上々

メトロポール バンコクに着いたら、早速チェックインを済ませます。大理石と大きな柱が印象的なクラシックモダンスタイル。いやーお洒落ですね。

メトロポールの廊下

チェックインを済ませたら、お部屋に向かいます。

廊下もどこかの豪邸に来たかのようなお洒落な内装でしたね。

クラシックモダンなお部屋が最高

メトロポールバンコクのお部屋1

それでは、気になるお部屋の内容を見ていきましょう!

今回泊まったお部屋が、こちらのスタンダードクラスのお部屋になります。部屋の広さは27㎡のスタジオタイプですね。

メトロポールバンコクのおすすめポイントといえば、やはりお部屋のデザインでしょうか。新築なので清潔感があっていいのは勿論、クラシックモダンなインテリアが気分を上げさせてくれますw

メトロポールバンコクのお部屋2

数字で見ると部屋の広さは27㎡と小さいのですが、天井が3メートルくらいあり、気分的には本当に27㎡かと思うほど広く感じましたね。んー天井って大切。

ダイニングテーブルのところも壁全体が鏡張りになっていて、広く見せる配慮を感じましたw

メトロポールのキッチン

また、スタジオタイプのお部屋には珍しいキッチンスペースと洗濯機付きでした。基本キッチンスペースは使わないのですが、洗濯機はありがたいですねw

メトロポールのバスルーム

キッチンの隣にあるのがバスルームになります。これまたお洒落なデザインですね。

メトロポールのお風呂

シャワーとバスタブが一緒になっているタイプで、バスタブが段差になっているので腰掛けられるようになっています。

シャワーの水圧も文句無し、バッチリでした!

ちなみに、ここのトイレは新築のホテルならではの配慮がありました!

メトロポールバンコクのウォシュレット

それが、こちら!ジャジャーン!w

そう、トイレにウォシュレットが備わっているんですね。

で?って感じかもしれませんが、ウォシュレットってタイでは珍しいんですよ。

旅行先でトイレ事情に悩みたくないという方には、最高の設備ですね。

朝食は最高の音楽とウエスタンスタイルのビュッフェ

メトロポールのレストラン

朝食は1階ロビーの隣にあるレストランでビュッフェになります。夜の間は、こちらがレストランになりますね。

レストラン内では、洋楽のヒットソングのアコースティックバージョンがメドレーで流れていて、個人的には嬉しかったですw装飾もお洒落で朝から気分が上がりますね。

メトロポール朝食2 メトロポール朝食1

一様ビュッフェスタイルではあるのですが、種類は少なめでした。だいたい10品くらいだったかな?タイ料理は少なく、パンやウインナー、ベーコンなどのウエスタンスタイルでしたね。

注文すればオムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグはシェフが作ってくれます。

メトロポール朝食3

盛り付けしたのがこんな感じ。

左のスープみたいのが、タイのお粥になります。確か唯一のタイ料理だった気がします。

あと、右側にある大きいシナモンロールが最高に美味しかったです。僕は普段あまりパンを食べないのですが、これは気に入りましたw(お代わりして2個食べましたw)

レストラン内にビリヤード

メトロポールバンコクのビリヤード

ちなみに、こちらのレストラン内にはビリヤード台がありましたw

もちろん、飾りではなくプレイできるようになっています!バーツの貨幣を入れるとプレイできるので、友達と来た際などにはいいかもしれませんね。

設備としては、プールとジム、スパもあるよ

 

メトロポールのジム

レストランの隣には、野外プールとジムが併設されています。ただ、ジムエリアは正直言って狭いです(カーディオマシンとベンチ台1個のみ)。ホテル内のジムエリアに期待している方には正直オススメできません。

写真を忘れてしまいましたが、プールは25メートルくらいの長方形で、オーソドックスな感じでした。

メトロポールのスパ

有料ではありますが、1階のロビーの隣にはスパも併設されていますよ。

まとめ

最初は少しホテルへのアクセスが少し気になったり、ジムエリアとプールが寂しかったりしましたが、実際に泊まるとホテルの内観、お部屋の雰囲気に気分も上がり大満足でした。

ホテルの内観とお部屋のインテリア、居心地に拘りたい方にはオススメしたいホテルですね!

気になった方は、是非チェックしてみてくださいね!
『Metropole The Crest Collection by The Ascott Limited』の詳細情報はコチラ

メトロポールバンコクのロビー


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!