タイの鉄道のMRTが、パープルライン開業!今後の展開に期待!

年々目紛しい発展を遂げていく新興国のタイ。

2016年8月6日より、タイの鉄道「MRT」がパープルラインという新しい路線を開業しました。

運行初日は、初乗りをしようと長蛇の列が並びました。

今回のパープルライン開業は、タイの鉄道ではありますが、ある理由があり日本のメディアでも取り上げられました。

そこで、パープルラインをちょろっと覗いてきたので、ご紹介したいと思います。

MRTパープルラインは、ノンタブリー県への路線

パープルライン路線図

今回開通されたパープルラインは、バンコク〜ノンタブリ県へアクセスする為の路線となります。

駅で言うと、バンパイ運河〜タオプーン駅からの約23キロの距離を運行する形で、運賃は14〜42バーツになります。

今後タオプーン駅からブルーラインを接続し、乗り換えができるよに計画が進んでいます。

将来的には、更に南に延長されてラットブラナまで開通されるみたいですね。

パープルラインの開業によって、連日渋滞に悩まされていたノンタブリ県に住むタイ人の生活は、以前に増して便利になったに違いません。時間は有限ですからね。

ノンタブリ県は、バンコクの郊外にあり一昔前のタイの街並みといった感じで、まだまだ発展はしていません。住宅街という色が濃い地区です。

ノンタブリ県は、タイに観光をしに来る方にとっては、縁があまり無いかもしれません。

ですが、誰もがノンタブリ県に足を運びやすくなったわけです。今後の観光事業の展開にも期待できそうですね!

また、LCC航空により需要の高まるドンムアン空港にも近いパープルラインなので、今度有効活用できるようになっていってほしいですね。

パープルラインは、MRT初の高架鉄道

パープルラインホーム1

今回のパープルラインはMRTというタイの鉄道会社が開業したものです。今までMRTの鉄道は地下鉄のみの運行でしたが、パープルラインはMRT初となる高架鉄道になります。

タイでは、鉄道の種類を公称するのに、地下鉄=MRT、高架線=BTSという呼び方をしていたのですが、今回のパープルラインの開業によって、バンコクの鉄道も徐々に複雑になってきそうですね。

パープルラインホーム2

改札口を抜けて、ホームに登ってみるとBTSの見た目に近い飛び降り防止のゲート付き。

BTSもMRTもそうですが、タイの鉄道はなかなかしっかりしていますね!

タイの都市交通初の日本製車両導入

パープルライン車両

今回のパープルラインですが、実は日本と大きな関わりがあるのです。

それが、こちらの路線で使われている車両がなんと、日本製ということなんです!さらに、メンテナンスなどの業務にも日本の企業が参画するんです。

タイの都市鉄道としては、初の試みということで、タイ人の関心も高まっているみたいですね。

パープルライン座席

手すりや車両内の椅子はタイの鉄道向けに作られていました。椅子の下にスペースがないのは、不審物を置かれないようなテロ対策の意味があるそうです。

タイの鉄道ならではですね。

車両を供給したのはJR東日本グループで、J-TRECが製造した「sustina」21編成62両がその車両ですね。また、鉄道車両や地上設備などのメンテナンス業務を行うのは、丸 紅、東芝の共同設立会社になります。

日本の会社が携わると、時刻表が今後採用されるのでしょうか?それはないかw

新幹線導入へのはずみに

今回のパープルラインの開業とともに、現地に訪れた石井国交大臣である石井大臣。「このパープルライン導入によって、鉄道インフラ輸出にはずみがかかるようになるといい。」と発言しています。

実際に、石井国交大臣がタイに訪れた際には、バンコクからタイの北部チェンマイへの約680キロを結ぶ高速鉄道計画についてタイ側と新たな覚書を交わしたそうです。

実際に着工する場合は、バンコクから380キロ先にある、ピサヌロークまでを優先して着工するみたいですね。

鉄道でバンコクからチェンマイまで行けたら、タイの観光も幅が広がりますね。今後の発展に期待できそうです!

バンコクからパープルラインへの乗り方

パープルライン外観

バンコクからパープルラインへ乗るには、南東にある終点のタオプーン駅に行く必要があります。

本来であれば、MRTブルーラインのバンスー駅から約1kmの距離をリンクさせる形になるのですが、今現在では作成中。(なんともタイらしいオープンですねw)

パープルトレイン送迎バス

ブルートレインとのリンクが完成するまでは、無料の送迎バスがバンスー駅から運行されています。

送迎バス時刻表

時間は午前6時から深夜の12時までやっていて、通常8分間隔でバスが来るようになっています。

朝の通勤時間6:30〜9:30、帰宅時間の16:30〜20:00は6分間隔で運行と良心的でした。

MRTチケット

鉄道自体の運賃は14〜42バーツ、一回券のシングル ジャーニー トークンを買うのもいいし、記念に ICカードを作るのもいいですねw

今回開通されたパープルラインは、MRTなのでMRTのストアアド バリューカード(180バーツ)を購入しておけば、切符を買わなくても乗車できますよ。

観光ではあまり縁のないノンタブリ県ですが、日本から供給されたパープルラインを一見したいという方は、一度行ってみてはいかがでしょうか?

 


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!