【タイ語】サワディーカップを覚えてタイ語の挨拶をマスターしよう!

タイ語の挨拶

あなたはタイ語挨拶をすることができますか?

実際のところ、タイの方は英語が話せる方が結構多いので、必ずしもタイ語で会話する必要はないですが、挨拶だけでもタイ語を使うようにすると、やはり相手に好印象です。

タイの方とコミュニケーションを取る上で、挨拶を知っているだけでも、相手との距離感が近きやすくなるでしょう!

もし、あなたがタイ語の挨拶を知らないのであれば、これを機にマスターしてしまいましょう!

まずは動画をチェック!

とても便利なタイ語の挨拶

日本語で挨拶をするときは「おはようございます、こんにちは、こんばんわ、さようなら」のようにシチュエーションによって言葉を使い分けるのが基本だと思います。

ただ、タイ語の場合はそのようなことをする必要がありません。

1つの言葉を覚えておくだけでいいんです。

それは「สวัสดีครับ(ค่ะ)」=サワディークラップ(カー)」ですね。

サワディークラップには、1つの単語に複数の意味が含まれていて、この1つの単語で「おはようございます、こんにちは、こんばんわ、さようなら」全てのシチュエーションで使うことができます。

男性と女性で語尾が違う

タイ語の場合は、「クラップ(ครับ)」や「カー(ค่ะ)」のように語尾の音がつきます。

これは日本語の「です、ます」と同じ意味合いで、これらを語尾につけることによって丁寧語になります。

日本語の場合は「です、ます」を使う際に、男性と女性に関係はありませんが、タイ語の場合は「クラップ(ครับ)」と「カー(ค่ะ)」を男性と女性で分けて発音します。

男性の方の場合は「クラップ(ครับ)」女性の方の場合は「カー(ค่ะ)」になります。

ワイを作って挨拶をしましょう

タイ語で挨拶をするときには、手を合わせてお辞儀をする「ワイ」の形をとりましょう。これは相手に敬意を示す伝統的な挨拶の方法です。

日本人が挨拶をするときにお辞儀をするように、タイでは挨拶をするときにはワイの形をとります。

やり方は、胸の高さに手を合わせて、手のひらはピッタリとつけずに、少し膨らみをもたせた状態を作ります。蓮の花を表していると言われています。この手の形を作ったら、そのままお辞儀をします。

終止音を理解して、発音をマスターしよう

タイ語の挨拶「สวัสดีครับ(ค่ะ)」をカタカナの表記にすると「サワディークラップ(カー)」というような感じになります。

もちろん、言語は声に出して発音してみるのが一番大切なので、このカタカナの発音でも全然大丈夫です。

ただ、より良い発音を意識したいという方は、タイ語の終止音を理解するようにしましょう。

カタカナ表記だと「サワディー」と音が繋がった感じになりますが、実は「サワディー」の「サワ」のところで一回「サワッ」のような形で終止音の(t)が入ります。

なので、サワッ(ト)といったような形で小さい「ト」が入るようなイメージで発音すると、よりタイの方にも聞き取りやすいサワディーカップ(カー)になります!

実際のところカタカナの発音でもタイの方は理解してくれるので、ここまで深くやる必要はないかもしれませんが、今後タイ語を覚えいていく上で理解が深まりやすくなるので、意識だけでもしておくことをオススメします。

まとめ

タイ語の挨拶は「สวัสดีครับ(ค่ะ)」=「サワディークラップ(カー)」を覚えておくだけで「おはようございます、こんにちは、こんばんわ、さようなら」の全てに使うことができるので、とても便利で覚えやすいです!

タイ語で挨拶を覚えておくことは、現地のタイの方との距離を近づけてくれる1つのきっかけにもなるので、タイ語を何も知らないという方も、ぜひタイ語の挨拶から覚えてみてくださいね!

タイ語の挨拶


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!