エムピウの財布「ストラッチョ」1ヶ月の使用感。旅行用のサブ財布にもオススメ!

ストラッチョケース

今まで普段使いの財布として、アブラサスの薄い財布を愛用していました。かれこれ2年間使い続けたので、気に入っていたのですが、若干飽きてきましたw

そろそろ気分転換に買い替えよかなーと思っていたところ、かなり良い感じの財布を見つけたので、思い切って買い換えてみましたw

それがエムピウのストラッチョという、コンパクト財布です。

エムピウは、ミッレフォッリエという二つ折り財布が、機能性がとても良いと有名ですよね。そのエムピウから新発売されたコンパクト財布がストラッチョです。

コンパクトな財布が好きな方には、とってもオススメできる財布でしたね!そのコンパクトさは、旅行用のサブ財布としても最適でした。

今回は、そのストラッチョについての紹介と、実際に使ってみた1ヶ月の使用感について書いていきたいと思います。

エンピウのコンパクト財布「ストラッチョ」

ストラッチョ札ケース

財布の名前に「ストラッチョ」とありますが、ストラッチョとはイタリア語で「端切れ、ボロ切れ」という意味があり、それに転じて「存在感の希薄な」という意味合いがあるのだそうです。

その名前の通りエンピウのコンパクト財布「ストラッチョ」は、決して飾らない端切れのような皮のカットでできており、皮で包んでボタンで留めるだけ。そのシンプルさ、コンパクトさは、まるで財布と思わせないような存在感でしたね。

このシンプルな感じが、なんかスマートでいいんですよねー。すっかり虜になってしまいましたw

「これだけでもひと通り使えるよね」というギリギリのラインで、必要のない機能は付け足さず、必要最低限で作られた財布なんですね。

素材はタンニンなめしゴート皮。柔らかく、使い込める育つ皮

th_IMG_4846

 

ストラッチョに使われている皮の素材は、タンニンなめしゴート皮という山羊の皮が使われています。

触ってみた第一印象としては、とにかく柔らかく軽い!

牛革とかだと、最初はガチガチで使いにくかったりしますが、ストラッチョの場合は、その柔らかさのおかげで、最初から肌に馴染み使いやすかったですね!

お札入れは、十分なスペース

th_IMG_4844

皮は、二枚重ねになっていて、後ろの部分にお札を入れるような形になっています。

 

公式サイトでは、10枚くらいを目安に考えられていますが、10枚以上入れても全然大丈夫でした。

アブラサスの小さい財布とかだと、10枚ちょうどしか入らないスペースで作られてしまっていますが、ストラッチョは結構余裕がありましたね。

ストラッチョ包む

ちなみに、10枚以上入れたりすると、最初はこんな感じ。皮が柔らかいので、丸くなって包むような感じになりますね。

ストラッチョプレス

ですが、ズボンの後ろのポケットとかに入れておくと、お札に折り目がついて、すぐにぺちゃんこになってくれます。

タイバーツとかを入れると、お札が多くなるので、これは助かりましたね。

ストラッチョ札

お札の出し入れについても、特にストレスを感じることなく使えました。むしろ、柔らかい質感が使いやすかったですね。

小さい小銭入れ

ストラッチョ小銭

真ん中には小銭入れが付いています。皮で蓋をしてあげる形で、小銭入れにはボタンのような留め具はありません。

これが人によっては、好き嫌いが分かれるところかもしれませんね。

個人的には、アブラサスを使っていた時から、小銭は溜め込まない癖をつけたので気になりませんでした。

スペース自体は広く100円玉15枚は入るように設計されています。ただ、入れた分だけ財布が大きくなり、ストラッチョとしてのメリットが丸つぶれなので、ここはある程度空けて使うのをオススメしますw

カード収納は5枚まで

ストラッチョカードケース

一番下にはカードポケットが付いています。こちらの一つのポケットに5枚のカードが入れられますね。エンボスカードの割合が多いと4枚とかになります。

ストラッチョカードケース例

ボクは、クレジットカード、運転免許書、キャッシュカードの3枚というシンプルな中身で使っています。というか、これでひと通り使えますよね?w

おしゃれな収納ケース

ストラッチョケース

ストラッチョの財布は、この黒くシックな箱に梱包されていました。エムピウの拘りらしく「使わないときにも綺麗に保存しておけるように」という思いがあるみたいですね。

ストラッチョ中身

こういった箱や梱包は、ギフトにも喜ばれるので、ありがたいですね。

サブ財布としてもオススメしたいストラッチョは、使わない期間どこかに行ってしまわないように、この箱に入れておくのもいいですね。

まあ、ボクは気に入ってメインで使っちゃっていますがw

値段がお手ごろ!

ストラッチョを買うのに即決できた理由として、最後に挙げられるのが値段のところですねw

アブラサスの薄い財布を買うときは、約1万円するということで、失敗したくないという思いもあり迷いました(買って結局は良かったのですがw)

その点、5000円でお釣りが来る値段で買えてしまうストラッチョは、本当にお手ごろでした!サブ財布なんかにも、ちょうどいい値段ですね。

半分「失敗してもいいやw」って感じで買ったものの、自分にあった財布で本当に良かったですw

旅行用の財布として、タイバーツも使えた!

ストラッチョタイバーツ

エムピウのストラッチョは、コンパクトなサイズ感がなんといっても魅力的ですよね。そのコンパクトさが旅行用のサブ財布なんかにも最適だなと思いました!

お札のポケットは、ゆとりあるサイズで作られているので、タイバーツもしっかりと収まりました。タイ旅行に行った際には、大活躍でしたね。

カードのポケットには、クレジットカード1枚と、BTSのラビットカード、滞在しているホテルのカードキーの3枚を収納して使っていました。

また、個人的にオススメな使い方が、パスポートの写真が載っているページをカラーコピーし、折りたたんでカードポケットの中に入れておくことです。こうすることによって、両替所や、クラブ、スカイバーなどで身分証明が必要な場合に、いちいちパスポートを持ち運ぶ必要がなくなります。セキュリティー面でも安心ですね。

よく、旅行用の財布として、パスポートを収納できる財布などが売られていますが、エムピウのストラッチョにそう言った工夫をして持ち運びするのもオススメですよ!

ストラッチョとアブラサスとのサイズ感比較

ストラッチョ比較

今回アブラサスからの買い替えということで、ストラッッチョとコンパクトさ薄さで、どれくらいの差があるのか比較してみました。

薄さに関しては、お札5枚入れている状態で比較をしてみました。

横から見た感じだと、正直薄さは同じくらいですね。ただ、ストラッチョに関しては、小銭入れが真ん中に位置しているので、小銭が入れば入るほど膨らみはできてしまいますね。

その点、アブラサスは考えられていて、小銭とお札、カードが重なって膨れないように作られています。

アブラサス比較

ただ、結果的にボクがストラッチョを選んだ理由としては、この横幅のサイズ感でした。

薄さにとことん拘ったアブラサスは、とても良かったのですが、幅の話になると正方形という感じで、決してコンパクトではなかったんですね。

その点、ストラッチョに関しては、名刺サイズという手に収まるサイズ感。

これによって、アブラサスではできなかった、財布を胸ポケットに入れるということが可能になりました。

アブラサスの正方形の形だけ、ズボンのポケットにはスッポリ入ったとしても、ワイシャツの胸ポケットには入らなかったんですね。(Lサイズのワイシャツなど、ワイシャツによって入るものもある)

仕事をしている時などは、ズボンの後ろポケットではなくて、割とワイシャツの胸ポケットにも入れたくなったりするんですよね。

なので、ストラッチョがワイシャツの胸ポケットに入った瞬間「これだ!」と思いましたw

ズボンの後ろポケットに入れた感覚は?

胸ポケットに入れておく話をしましたが、実際に財布を入れておく場所として、ズボンの後ろポケットに入れておく人は多いのではないでしょうか。

今回はアブラサスの薄い財布とストラッチョの、後ろポケットの比較もしてみました。

th_IMG_4919

まずは、アブラサスの薄い財布ですね。上がその写真になります。さすが、薄いことに拘り尽くしているだけあります。

薄くて、ズボンのシルエットも崩すことなく、といった感じでかなり気に入っていました。

th_IMG_4924

続いて、エムピウのストラッチョです。これは、さらに良かったんですね。幅のサイズ感がアブラサスと比べて小さいため、お尻に触れている面積も少ないせいか、ポケットの中が蒸れるというケースがなかったんです!(アブラサスの時、地味に悩みでしたw)

また、財布の柔らかさもあるため、しっかりとズボンのシルエットを守ってくれていましたね。

どちらも優秀ですが、やっぱりエムピウのストラッチョがいいなと思ってしまいましたw

ストラッチョ、1ヶ月の使用感

ストラッチョ1ヶ月後

それでは、最後にストラッチョを1ヶ月使用してみた使用感について書いていきたいと思います。

タイ旅行に持って行ったり、仕事でメインとして使ったり、バリバリ使って行きました。

ストラッチョ1ヶ月後1

写真を見ていただくとわかると思いますが、1ヶ月使ったとはいえ、かなり使い込んだ感じが出ていると思います。意識的に後ろポケットに入れて使うようにはしていましたが、それにしても味が出てるなとw

ストラッチョ札ケース

ちなみに、これが買った当初の感じです。全然違うでしょ!w

ストラッチョのゴート皮は、柔らかく馴染みやすい性質なので、1ヶ月使っただけで、本当にツヤ感と色の深みが一気に増しました。日に日に変わっていく感じが楽しかったです。

ストラッチョの気になったところ

ここまでストラッチョのいいところだけ沢山書いてしまいましたが、物というものはデメリットも存在します。

そこで、最後にストラッチョを1ヶ月使用してみて、「ここは」とちょっと気になったところを書こうと思います。

コンパクト財布が故の犠牲もある

そもそも、この財布のコンセプトに沿っていない話ではあるのですが、やはりコンパクトにする分、機能面での犠牲というものはありますね。

カードの枚数、小銭ケースのスペース、お札が3つ折りになってしまう(折り目は緩やか)

この3つが、どうしても譲れないという人は、正直ストラッチョはオススメできないです。これを機に断捨離をしましょうw

小銭入れは、ちょっと小さい

ストラッチョ小銭

機能面の犠牲になったところで、一番気になったところが真ん中にある小銭入れですね。100円玉が15枚入るとはいえ、サイズはやはり小さいです。

小銭を探して出すにはちょっと苦労しますね。出しにくいからと言って、財布を傾けて滑らせるように小銭を出すのはオススメしません。(小銭が転げ落ちるのが目に見えているので、ボクはやっていませんがw)

あとは、単純に小銭入れに小銭を入れすぎると、すぐに財布が膨れてしまうというところですね。

デザインが安っぽい?

ストラッチョ財布の場合、イタリア語の切れ端という意味の通り、本当に皮を縫っているだけって感じです。

エムピウのロゴマークも財布の内側に刻印されており、外側は何もありません。まるで名刺入れのようにシンプルですw

このシンプルでハンドメイド感あふれる感じが、ボクは気に入っているのですが、人によっては「安っぽい」と感じてしまうところかもしれません。

皮はすぐに馴染む

これに関しては、上述の1ヶ月間の使用感の写真で分かって頂けると思いますが、羊革を使っているので、馴染むのがものすごく早かったんです。いや、すごくいい事なんですけどねw

表面がすぐに使用感のある感じになったので、それをあんまり好まない人にはどうかなーと思いました。

アブラサスの薄い財布なんかは、皮にエンボス加工を施していて、傷つきにくいようにしてあったりするので、そこらへんはストラッチョは弱点だなーと思いましたね。

ただ、ヴィンテージ感漂う感じがボクは大好きなので、これはオッケーw壊れたら、リピしまーすw

まとめ

アブラサスの薄い財布から、ついに買い換えたエムピウの薄い財布。

二つの財布は、コンセプトは似ているようで、全然違う財布でした!

結果、値段的にも使い心地的にも、エムピウのストラッチョがボクには合っていたので、今後も愛用していきたいと思います。

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ストラッチョケース


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!