Sukhumvit12 Bangkok hotel & Suiteは予算約1万円でスイートルームに泊まれる、コスパ最高のホテル!

スクンビット12 バンコクホテル&スイーツ

タイのホテルは、日本のホテルと比較すると、断然安い価格で贅沢ができてしまいます。

広々としたお部屋を借りて、プチ贅沢をするというのも、タイ旅行の楽しみではないでしょうか?

バンコクのど真ん中であっても、1万円台でスイートルームに泊まれてしまうホテルだってあるんです。

バンコクのど真ん中で観光のアクセスもバッチリ、お部屋も豪華なスイートルームでプチ贅沢なタイ旅行をしたくありませんか?

今回は、そんな方にとっておきのホテルをご紹介したいと思います。

スクンビット12 バンコク ホテル&スイート

スクンビット12ホテル

そのとっておきのホテルが、こちらのスクンビット12 バンコク ホテル&スイートです。

スクンビット12というバンコクの中心地にありながらも、少し通りの奥に建てられているので、周りは騒がしくなく落ち着いた雰囲気のホテルとなっています。

元々はラマダ ホテル&スイートというホテルだったのですが、2010年に新規オープンし、現在の形になりました。

スクンビット12ホテルカウンター

正面の門を入るとすぐにチェックインカウンターが見えてきます。この時はホテルが混雑しておりアーリーチェックインができませんでした。(部屋が空いていれば可能)

基本的には14時がチェックインの時間なので、それまでカウンター裏に荷物を預かってもらい、ホテルの周辺をちょっとお散歩してから、チェックインすることになりましたね。

スクンビット12周辺は、バンコクの中でも賑わっているロケーションなので、ショッピングやグルメを楽しむところが盛り沢山です!時間潰しに心配は入りません!

1万円代でスイートルームに泊まれる!

スイートルームのベッド

そして、今回宿泊したのが、こちらのエグゼクティブスイートルームになります。

広さはなんと55㎡の大きなお部屋になっています。それぐらい大きなお部屋で、ましてやスイートルームとなると値段が気になるところですが、なんと1泊3500バーツです!日本円に換算して、だいたい11,500円ぐらいといったところでしょうか?

1万円台の価格なら、スイートルームでも泊まりたくなってきてしまいませんか?w

他にも32㎡のデラックス(2,400バーツ)、36㎡のスタジオ(2,500バーツ)、45㎡のビジネススイート(3,300バーツ)と部屋はありますが、やはりコスパを考えるとスイートルームがおすすめ!(価格はシーズンによって若干異なります。)

スイートルームダイニングテーブル

エグゼクティブスイートになると、お部屋が55㎡と広いので、リビングルームがベッドルームの隣にあります。写真がダイニングテーブルになりますね。

スイートルームリビング

その向かい側には大きめのゆっくりと腰をかけられるソファーとなっていて、向かい側のテレビでは、日本語放送としてNHKだけ見れるようになっています。

大きな浴室のあるバスルーム

スイートルームの洗面所

 

そして、スイートルームのおすすめポイントは、やはりこの大きなバスタブではないでしょうか?スタジオタイプ以上のランクになれば、バスタブが備わっていますが、大きさで言えばやはりスイートルームが大きめ。

スイートルームのバスタブ

清潔感があり、トイレもシャワー付きで不便なく使うことができましたね。

朝食はビュッフェ、テラス席もあり

朝食のビュッフェ

朝食はホテルの定番、ビュッフェスタイルになります。種類は欧米系の料理が中心といった感じでしょうか。レストランに着いたら、自由に席につきます。

テラス席

こちらのホテルでは、気持ちのいいテラス席で食事をすることもできます。席が空いていれば、こちらが断然おすすめ!建物が日陰になっていて、暑さは感じなかったですね。

朝食

気になったものをプレートに装ったのがこんな感じ。タイ料理系は少なく、パンやベーコンなどの欧米系が多かったので、サラダ中心になっちゃいましたw

でも、味はしっかりとしていて美味しかったですね。

タイのおかゆ

あとは、こちらのタイのおかゆも食べることができます!自分のお好みで生姜やネギなどを添え、美味しくいただきました!

卵

あとは、目玉焼き、スクランブルエッグ、卵焼きの3種類の中から選んで、シェフに調理してもらうこともできますね。

大きいプールとジム、さらに中庭も!

プール

1階のロビーの連絡通路を抜けたところには、プールとジムの設備が整っています。プールは15メートルくらいの長方形が2つ並んでいるような形で、長くて大きめでしたね。昼になると、観光に来ているお客さんが結構泳いでました。

ジム

また、ジムも夜中の12時まで使えるスペースとして用意されています。設備は申し分なく、ランニングマシンとカーディオバイクもしっかりとありましたね。

中庭

そして、嬉しいのがこちらの中庭のスペース!プールの場所の隣に作られているのですが、ゆっくりと足を伸ばせるブランコのようなシートがあり、くつろぐには最高のスペースとなっています。

観光が終わって一休みしたい時なんかには、こちらでのんびりするのも最高ですね。

ホテルへのアクセス

ホテルへのアクセス

ホテルはバンコクのど真ん中にあるため、アクセスは非常に便利です。わかりやすい行き方は、バンコクの鉄道BTSを使って最寄り駅のアソーク駅まで向かう方法です。

駅を降りたら、線路沿いを歩きスクンビット12を探します。その通りを10分程歩いたところに、ホテルがあります。

駅からは少々歩きますが、一度ホテルにつけばホテルが無料で運営している、スクンビット通り12を往復するトゥクトゥクを活用できますので、観光には便利です。

宿泊した時の観光ポイント!

冒頭の方でもお話しした通り、こちらのホテルはバンコクの繁華街に位置する場所にあります。なので、19~22時くらいの夜の時間帯でも、あたりのお店は常に賑わっています。むしろ昼よりも盛り上がった雰囲気を感じることができるかもしれません。

なので、ホテル周辺の観光は夜の方に回して、昼の段階で少しバンコクの中心から外れた王宮周辺に行き、タイの観光名所であるワットプラケオやワットポーなどの有名寺院巡りをしたりするのはいかがでしょうか?

それらの観光をしてから、ホテル周辺に戻り、夜のバンコクの繁華街を楽しむのも結構おすすめですよ!

まとめ コスパで選ぶならスイートルームはおすすめ!

Sukhumvit12 bangkok Hotel&Suiteは、バンコクを観光するためのアクセスもバッチリ、スイートルームなのに1万円台と、タイ旅行をプチ贅沢に楽しむにはもってこいのホテルです。

お部屋の種類は数種類ありますが、このホテルに泊まるなら、コスパを考えるとやはりスイートルームがおすすめ!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

スクンビット12ホテルの予約をするなら!あなたにあった予約サイトで!

航空券とホテルを同時予約する方ならExpediaがおすすめ!

Expediaでスクンビット12ホテルの値段と空室状況確認

10泊以上の宿泊する方なら、Hostel.comがおすすめ!

Hostel.comでスクンビット12ホテルの値段と空室状況確認

航空券はすでに手配済み、ロケーションによってホテルを変える方はagodaがおすすめ!

agodaでスクンビット12ホテルの値段と空室状況確認

海外ホテルの予約サイトの選び方についての記事はコチラ!

あなたにあった予約サイトを探して、ホテルをお得に予約しましょう!

海外ホテル予約サイトのおすすめ、大手3社を徹底比較!あなたに合った予約サイトが見つかる!

2017.03.12

同じスクンビット通り12にあるガレリアホテルもチェック

スクンビット12 バンコクホテル&スイーツ


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!