タイの古典舞踊を見て、タイの歴史、文化を知ろう!

サワディークラップ!どうも、タカです!

みなさん、タイの古典舞踊って知っていますか?

手先のヒラヒラ動かして踊るアレですw

タイのカルチャー体験をしたければ、古典舞踊を見に行くのをオススメしますよ!

そこで、今回はタイの古典舞踊について紹介したいと思います。

タイの古典舞踊を楽しもう!種類は様々

タイの古典舞踊と一言でいっても種類がいくつかあります。

音楽に合わせて踊る「舞踊」、音楽に合わせて踊りながら物語が進んでいく「舞踊劇」

王、神、女性の役以外は仮面を被り踊る「仮面舞踊劇」などがあります。

ディナーショーなどで見れたりするのであれば、「仮面舞踊劇」が一番有名ですね。

煌びやかな伝統衣装

shutterstock_66471355

タイの古典舞踊の中でも一番目を引くのが、やはりその煌びやかな衣装ですよね!

実は、この衣装にも意味があり、着ている衣装によって役柄がわかるようになっています。

この衣装がわかれば、古典舞踊をもっと楽しく鑑賞できるかも?

(登場人物の解説は下に記載しています。)

手の動きに注目しよう

shutterstock_222518695

タイの古典舞踊を鑑賞するときに、注目しておきたいのが、手の動きですね。

手のひらを反らせているのが「タンウォン」

人差し指と親指をくっつけているのが「ジープ」といいます。

この二つが基本に、いろんな形を表現します。

「指の芸術」って言われるぐらい、独特な美しさがありますねw

 

形を表現するときは、指先の他に、腕、腰、頭の先まで体全体を使って、

愛の表現であったり、戦闘の表現であったり、様々な形を表現しているんです。

タイの音楽に触れよう

shutterstock_93741019

タイの古典舞踊には、必ずタイの伝統的楽器が使われているので、これも魅力的!

後ろの方に5人から15人ほどの楽団を組んで、タイらしい音楽を演奏しています。

 

楽器の種類は「ラナート」という木琴と、「ピー・ナイ」という笛、

「チン」というシンバル、「タポーン」という太鼓、の4種類が基本ですね。

その独特な音色が、タイを思わせますw

ラーマキエンの仮面舞踊劇!

shutterstock_329555867

タイ観光で鑑賞する場合、見れる機会が一番多いのは、仮面舞踊劇のラーマキキエン物語ですね。

バンコク市内にある、ディナーショーの中で見ることができます。

仮面舞踊劇はストーリー仕立てでもあるので、一番楽しめると個人的には思いますw

どんな物語?

物語の概要としては、ラーマ王が、魔王トサカンから、シーダ妃を奪い返すという話!

(かなり大雑把ですがw)

ただ、これさえわかっているだけで、踊の見え方が大分変わってくると思いますw

踊りと音楽を楽しむ物だと思うので、あまりストーリーを知り過ぎてもって感じですねw

まあ、人それぞれですがw

ラーマキエン物語に登場する人物

ここで、軽く仮面舞踊劇に登場する人物紹介をしたいと思います!

(またもや大雑把にw)

shutterstock_251634277

まずは、ラーマ王ですね。先の尖った王冠を被っているのが特徴です。

アユタヤ王国の第四の国王で、まあ偉い人ってわけですw 物語の中心人物ですね。

shutterstock_168557018

ラーマ王が心を寄せる、シーダ妃ですね。一番煌びやかな衣装を着ています。

ラーマ王とは、相思相愛みたいですねw んー胸キュンw

shutterstock_163950659

いかにも悪そうな、全身緑色の鬼みたいなのが魔王トサカンですw

強そうっていうか、本当に悪そうな奴w シーダ妃を誘拐したなんて、許せない!w

shutterstock_163950620

個人的には、一番好きな登場人物w 猿将軍のハヌマーン!口を開いた白色の顔が特徴。

王に忠誠を誓っていて、トサカンと戦う勇者でございますw かっけーw

shutterstock_108618335

物語には欠かせない、第二のヒロインw 天女マノーラ!

半人半鳥らしいです。 マノーラは王を誘惑し、物語を面白くさせますw

 

といった感じで、 だいたいこの5人の登場人物によってストーリーが展開していきます。

衣装に特徴があるので、それを覚えておけば、誰がどの役かすぐにわかりますよ!

古典舞踊はどこで見るの?

shutterstock_173292284

では、古典舞踊をどこで見るか、という肝心なところなのですが

バンコク市内だけでも5種類くらいの場所があります。

今回は、その中でもボクがオススメしたい、2つの場所をご紹介したいと思います!

サラ・リム・ナーム

まず1つめは、「サラ・リム・ナーム」

「マンダリン オリエンタル バンコク」というホテルの別館にある、

シアター・レストランで行われる、ディナーショーですね。

伝統的なタイ料理を堪能しながら、仮面舞踊劇以外にも他6種類ものタイ舞踊が見れます!

「多彩な踊りがみたい」という方ならココがオススメ!

サイアム・ニラミット

2つ目は、「サイアム・ニラミット」

収容人数が2000人の、世界で一番大きいとされる巨大ステージです!

世界一とさえ言われている、そのステージで行われるタイ舞踊は大迫力です!

登場する役者さんはなんと100人以上w すごいですよねw

本格的なタイの古典舞踊と圧倒的なスケールでみたい方は、ココがオススメです!

さらに、嬉しいことに幕間に日本語による解説もありますよ。

まとめ

shutterstock_315368747

いかがだったでしょうか!タイの古典舞踊、一度は見ておいていいと思いますよ!

踊りとかあまり興味なくても、タイの伝統音楽とディナーコースと一緒に見ていれば

なんだか、タイ旅行に来た!っていう雰囲気にも浸れますのでw

ディナーショーとかだと結構人気があるので、事前にツアーとかを予約しておくといいですね!

是非行ってみてくださいね!

それでは!


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!