代々木公園の「タイフェスティバル」が楽しかった!電車で行けるタイランド!

タイの暑さに近づいてきた5月の陽気、週末は外にお出かけしてピクニックとかをしてみたくなりますね。毎年この時期になると、代々木公園で「タイフェスティバル」が開催されています。

仕事の関係上、毎年行けていなかったタイフェスティバルですが、今年は仕事がたまたま休みだったということもあり、念願のタイフェスデビューしてきちゃいました!都内なら電車で行けちゃうタイランド、まさしくそこはタイランドでした!w

電車で行けるタイランド代々木公園の「タイフェスティバル」

th_IMG_4064

毎年5月のちょうど良い気温になってくると、代々木公園でタイフェスティバルが開催されます。タイフェスティバルは、代々木公園のほか、大阪、名古屋でも開催がされているようですね。今回は、代々木公園会場の方に行ってきました!今年は5月の14、15日の2日間の開催!

主催はタイ王国大使館、タイと日本との親交をより深めながら、タイ文化と伝統を広めるほか、タイ料理を堪能してもらうという思いがあっての開催だそうです。日本国内の人が、このタイフェスティバルをきっかけにして、少しでも多くの方がタイに関心を持ってくれるようになると嬉しいですね!

門を通ればそこはタイランド、タイフェスティバルの会場は大盛況

th_IMG_4082

会場に到着するや、その来場者数に驚きましたw代々木公園の道を埋め尽くすような人集りがありました。これは週末といえどもすごいですねwタイフェスティバルの関係者によると2日間で40万人の来場者がくるということでした。

道を通るのも少し苦労するし、食べ物や飲み物を買うのも一苦労・・・。

ただ、並んでいる人たちの会話に耳を傾けると、皆さんタイにまつわる話をしていたりw まるでタイに来ているかのような錯覚に陥りましたw 人集りは普段大嫌いなボクですが、タイフェスティバルにいたっては「これだけタイに興味を持ってくれている人がいるのか」と思うと、なんだか嬉しくなってきてしまいましたw

th_IMG_4076

タイフェスティバルのイベント会場は、代々木公園の渋谷口から入ったところにある、ケヤキ並木一体が会場となっていました。ケヤキ並木に沿うように、タイの雑貨屋、レストラン、飲食物産、寺院団体等のブースが立っていました。そのほか、ステージにてタイの人気アーティストによるライブやタイの伝統舞踊なども行っていました。

所狭しと並ぶいろいろな出店ブース

 

th_IMG_4084

渋谷口から入ってすぐのところにあるインフォメーションセンターで、タイフェスティバルのパンフレットを入手!ここには、出店店舗やライブステージのスケジュール等の情報が書かれていました。これを持って早速散策開始!

th_IMG_4062

渋谷口から入ってすぐのところにある、タイの代名詞的乗り物「トゥクトゥク」の販売ブースw 値段はなんと128万円w こんなのを買う人がいるのでしょうかw 日本の公道を走っていいのか、ナンバープレートはどうなるのか、疑問に思う方もいると思いますが、普通免許があれば日本の公道も走っていいそうですw

th_IMG_4053

出店されているブースは180以上で、その大多数は日本にあるタイレストランから出店されているタイ料理のブースが多かったように思います。昼の段階だとどのブースも大行列で大盛況でした。

th_IMG_4167

タイの老舗タイ料理レストラン「マンゴーツリー」のマンゴーツリーカフェも出店されていました。こちらのトムヤムラーメンおいしかったです!マンゴーツリー監修の「トムヤムクンエビワンタンスープ」も美味しいのでオススメです!

th_IMG_4108

一般的なレストランの飲食ブースのほか「ヤマモリ」のような加工食品の物産系のブースもありましたね。以前こちらのブログでもヤマモリの「タイデリ」について紹介させてもらいました。ボクの大好きなヤマモリの家庭で楽しむ本格タイカレーw

th_IMG_4157
th_IMG_4156
th_IMG_4155

そんな数ある出店ブースの中から昼食に選んだのが、ボクの大好き「ガパオライス」と「パッタイセット」。「カオマンガイ」と「ウンセンセット」。そして、おつまみには忘れられない「空芯菜炒め(パックブン)」

タイ料理をより多く堪能するためにも、セパレートされたプレートに2つや4つのタイ料理をセット販売しているブースが多く見受けられました。値段としてはどれも500円ぐらいからで、フルーツなどは300円ぐらいでした。

ちなみに、今回購入したのは、2つのセットが各500円で、空芯菜炒めが600円でした。タイと比べちゃうと割高かもしれませんが、日本のタイ料理レストランで食べるよりは全然安いですねw 安いだけでなく、タイ王国大使館が選んだタイ料理店なので、味も美味しく満足でした!

th_IMG_4164

ちなみに一番美味しかったのが、こちらの完熟マンゴーでした!カオニャオマムアンではなく、マンゴーだけだったので食べようか迷いましたが、暑い中マンゴーだけが食べたかったので購入!

th_IMG_4166

見た目はいたって普通、というよりかは普通のマンゴーよりも少し黒くなりかけた、まさに「完熟」って感じのマンゴー。口に入れた瞬間「あ!これは!トロトロじゃねーかー!」と友達と盛り上がりましたw 酸味はまるでなく、甘さとモチトロ?って感じで口にとろけるような甘さ!ボクは美味しさのあまり3回リピートしてしまいましたw 今まで食べたマンゴーで一番美味しかったw

食べ物以外にもタイ雑貨や洋服なども多く取り扱っていました

th_IMG_4085

タイ料理の他にも出店されているブースはたくさんあり、タイパンツはもちろんのこと、様々なタイ雑貨を取り扱っていました。ウィンドショッピングしているだけで、まるでタイに来ているかのような錯覚に陥りましたねw

th_IMG_4091

タイの名物セラドン焼きは多くの方が興味を持っていました。陶器類は割れものなので、タイ旅行に行ってもなかなかお土産にするには億劫になってしまいがち、タイフェスティバルならそんなことも気にせずに買えそうですね!

th_IMG_4104

また、日本に存在する寺院団体もブースを開いており、10分の無料瞑想などを行っていました。ブースの前には仏像が置かれており、金箔を貼ることができるようでしたね。

ステージ会場ではタイの有名アーティストによるライブも!

th_IMG_4134

ステージ会場では、各時間ごとにタイの伝統舞踊や、有名アーティストによるバンドライブ、ムエタイジムのデモンストレーション、みすタイランドによるパフォーマンス、タイ往復航空券が当たる抽選会などのイベントを行っていました。

15日だったので、ちょうど夕方ごろにタイの有名ダンス系アーティスト「ハン・イッサリア(Hunz Isariya)」のライブがあるということで、見に行ってみました。

th_IMG_4136

ギャラリーは日本人だけではなくタイ人の方も多く、その盛り上がりっぷりはタイならではといった感じでしたねw その場で踊りだしちゃうファンの人もいらっしゃいましたw なんだかアットホームな感じがよかったですw

タイフェスティバルを支援する企業が集まる「タイヴィレッジ」

th_IMG_4140

ステージ会場のすぐ隣に設営されていた一際目立つ装飾が施されていたのが「タイヴィレッジ」の会場でしたね。ここには、タイ政府機関を始め、タイ観光政府官公庁や、タイ・エアアジアXなどのタイフェスティバルを支援する企業が立ち並ぶブースになっていました。

th_IMG_4121

タイの蚕糸業の振興、遺伝資源の保護、研究などを行っている、The QSDS蚕糸局は、タイシルクの原料とも言われるタ蚕の糸を製糸している工程を実際に行って見せていました。

th_IMG_4118

タイヴィレッジの真ん中の特設ステージでは、ちょうどタイの人気俳優「ジェームス・ジラユ(James Jirayu)」が握手会ならぬ、セルフィー会を行っていましたw ジェームス・ジラユは日本人のファンも多く、今年2016年6月には待望の日本でCDデビューということなので、期待ですね!

こうした方がいい「タイフェスティバル」の楽しみ方!

th_IMG_4131

今回初めて行った代々木公園のタイフェスティバルですが、予想以上の人混みに少し苦労しました。人通りは通りにくいし、食べ物一つ買うのに並ばなきゃいけないし、大変でした。ですが、運営者や、お店の人も必死で頑張ってくれています。そこは我慢しましょう。それでも、できるだけストレスなく楽しむにはどうすればいいか!

タイフェスティバルのいいところは、机の設置がかなり多かったということです。こちらに座ることができれば、席でのんびりとタイ料理を堪能できるのでいいですね。

ですが、オススメは断然レジャーシートを持ち込むことです!

今回レジャーシートを持ってこなかったことに本当に後悔しました。常連さんとかはレジャーシートをステージ会場前に敷いて、催し物を楽しみながらタイ料理を食べて、まさにタイフェスティバルを堪能していました。

th_IMG_4158

また、ステージ会場などの場所が取れなくても安心してください。広大な敷地面積を誇る代々木公園ですw タイフェスティバルの会場自体はケヤキ並木の場所一体のみなので、隣の公園エリアに移動すればスペースが沢山あるので、芝生でレジャーシートを敷いて、そこでタイ料理をみんなでシェアして食べるのもありですよ!

とにかくレジャーシートは必需品と思いましたねw

思わず、「今日なら代々木公園でレジャーシート販売したら絶対売れるだろ!」と余計なことを考えてしまうぐらいボクはレジャーシートが欲しかったですねw

まとめ

shutterstock_315368747

タイフェスティバルは、毎年5月に代々木公園で開催しています。来年の開催も楽しみですね!「仕事が忙しくて、タイ旅行に行けない」そんな人へのタイと触れ合う時間。「タイ旅行に行きたいけど、タイがどういう国なのか知らない」そんな方へのタイと出会う機会。

タイフェスティバルは、電車で行けるタイランド!素晴らしいフェスティバルでした!

「日本の人たちがこれだけタイに興味を持っているんだ」と知れただけでも、なんだか幸せな気持ちになりました。こういったフェスティバルは、いつまでも続いて欲しいと思います。タイフェスティバル頑張れー!w


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!