タイ北部の町、パーイを知っていますか?のんびりしたい方にはオススメですw

サワディークラップ!どうもタカです!

皆さんは、タイのバンコク以外の地に行ったことはありますか?

 

アユタヤ、チェンマイ、パタヤー、プーケット、パンガン島

タイにはバンコク以外にも様々な観光地域があります!

 

今回は、その中でも少しマイナーな部類の、タイ北部に位置する町、パーイを紹介をしたいと思います。

パーイは、チェンマイから山道を行く

shutterstock_214206133

パーイは、北部の地チェンマイから、さらに山道を時間ほど北上したところにあります。

この町へはバンコクから直接はいけません。チェンマイを経由していきましょう。

チェンマイにある旅行会社に行き、バスのチケットを買いましょう!

 

パーイからは、小さいミニバンの乗り合いバスで山道を登って行くのですが、

山道のカーブが762箇所あり、4時間くらいずっと車に揺らされますw

この762curvesは、パーイの名物になっていますねw

車酔いする人は、酔い止め必需品になります

山奥にあるパーイ

th_DSC00761

山道を抜けると、あのバスの騒がしい揺れとは懸け離れた、のどかな街並みが広がっています。

th_DSC00889

一番賑やかな中心街がこんな感じで、タイムスリップしたかのような田舎の空気感が漂っています。

町通りを歩いている人は、ほとんどがバックパッカーw もはや、観光地化していますねw

th_DSC00774

山奥にある町ではあるけれど、そこには多くの川が存在します。

その川を渡る橋が、なんともバンブー感漂う作りになっていますねw

 

初めて渡る時は、真剣にこれ壊れるんじゃないかと、そこが抜けちゃうんじゃないかと思いましたねw

だって、普通に板がヒシヒシなってますからw

冬の夜は物凄く冷えます!

パーイは北の山奥にあるので、昼は暖かいですが、冬の朝と夜はかなり冷え込みます。

また、泊まる部屋がボロかったりすると、室内でも隙間風もかなりあります!

ボクが行ったのは、1月の下旬だったのですが、ライトダウンを着て丁度良いくらいでした。

寒さで、風邪を引かないように注意してくださいね。

観光する場所もありますよ

山奥なので、キャンプみたいなことしかすることがないんじゃないかと思われますが、

一様観光スポットはありますよ!今回は、ボクがオススメしたいところを紹介しますね。

ちなみに、これらの観光スポットは、パーイの中心街にあるツアー会社で送迎の予約ができますので、

そちらで、行きたい場所をチョイスして、バスの手配をしてもらいましょう。

タイなのに温泉!?

th_DSC00780

まず1つ目にご紹介したいのが「ターパイ温泉公園」です。

パーイへは予備知識無しで行ったので、これを知った時は驚きましたw

 

「え!?タイに源泉の温泉ってあんの!?しかも入浴できんの!?w」行くしかないと思いましたねw

温泉とは、この気候にはもってこいの観光スポットだと思いましたねw

shutterstock_154830533

源泉のあたりに行くと、お湯の暑さは約80度。もちろん入浴は禁止ですがw

ここの源泉あたりで、温泉卵を作っていただくことができますw なんか日本みたいw

shutterstock_358755041

源泉より離れた下流の方に行くと、40〜37度くらいの(体感ですが)お湯が流れています。

ここに行くと入浴ができるようになりますね。

shutterstock_299289506

外国人のバックパッカーの方々は、海パンとかを持ってきていて、それで入浴していました。

ボクはそんなもの持っていなかったので、半ズボンのまま入りましたがw

 

タイって安宿旅行とかしていると、水シャワーばっかりなので、

ここに来た時の温泉には本当に癒されましたw パーイに来た時には是非寄ってみてください!

グランドキャニオン!?いや、違う!パーイキャニオンだ!

shutterstock_345857489

これは、トレッキングって感じになりますね。

キャニオンって名前がつくからといって、グランドキャニオンを想像していくと

完全に裏切られますのでご注意くださいw

 

ただ、キャニオンなので、そこからの眺めはなかなかいいですよ。

山に位置する町なので、やっぱり眺めは綺麗ですね。

大迫力メモリアルブリッジ

shutterstock_228575422

次にご紹介するのが、パーイののどかな町には似つかわしくない、堂々たる存在感があるメモリアルブリッジw

実は第二次世界大戦中に、日本軍がミャンマー(当時はイギリス領)に侵攻するのに使っていたのが起源なんですw

 

戦争が終わり、一度焼き落とされたが、村人たちにとって必要だった橋だったため、木造で再建。

しかし、また洪水で破壊され、それをさらに鉄の橋で再建し、今に至るということです。

んー歴史深い橋なんですね。ロマンを感じますw

 

見物するだけなので、人によっては寂しい雰囲気を味わって終わってしまうかもしれませんが、

写真好きのボクにとっては、絶好の場所だったりするんですねw

 

記念撮影とかしたい方にはオススメできるスポットです!

山の山頂で、サンセットを見よう!

th_DSC00844

 

観光の最後はパーイの山の山頂に向かいましょうw

名前とかはわかりませんが、ツアー会社の人に「てっぺんに行きたい!」と伝えたら

「サンセットが見れるところがあるよ」と連れて行ってくれましたw

 

th_DSC00838

この日は、若干雲がかっていましたが、ギリギリセーフ

いや、むしろ雲がいい感じに太陽を際立たせていましたねw

th_DSC00840

素敵な夕日でしたw 山頂からの景色は絶景なので、ツアー会社にいった際はスケジュールに入れるのをオススメします!

山の町パーイ、夜の時間が一番楽しかったw

th_DSC00725

いろいろ観光スポットを紹介しましたが、パーイの醍醐味は夜の時間かなとボクは思いますw

いや、いやらしい意味ではなくてw

 

夜になると、昼とは少し変わって、雰囲気が賑やかになりますw

中心街に行くと屋台が立ち並び、立ち食いやお土産探しなども楽しめますよ。

ただ、中心街も小さいのですぐに見終わってしまいますw

 

山奥の町なので、バックパッカーの人達はやることがないんですねw

ただ、寝る気にもならないわけですw 本番はここからですw

焚き火を囲って語り合おうw

th_DSC00727

やることもなくて、夜になっても寝たくない。じゃあ、語るしかないでしょ!

これがパーイのスタイルなんですねw 

th_DSC00728

ボクもゲストハウスの人達と一緒になって、会話を楽しみましたw

旅行でいってきた地の話とか、自分の国の見所とか文化の話とかをするんです。

ボクは旅行にウクレレを持ってきていたので「弾いてよ!」って頼まれたりとかw 物凄くいい思い出になりましたねw

バックパッカーするなら、ギターかウクレレ始めよう!

2016.02.28
th_DSC00720

仲良くなっちゃって、みんなでお揃いのブレスレットとか買っちゃいましたw

14日に出会ったから「fourteen」の刻印をして「イェーイ」ってはしゃいでましたねw

th_DSC00756

しばらく語り合った後は、みんなでバンブークラブにいって踊り明かすというw

そして、はしゃいでたら、お揃いで買ったブレスレットが外れて無くしてしまうというw

 

なんか、途中ただの思い出話になっちゃいましたがw

山奥にある町だからこそ、関わりがより濃くなった感じがして物凄く楽しかったですね。

まとめ

山奥にあって一見なにもすることがないように思えるパーイですが、

昼は観光、夜はみんなで語り合ったりと楽しい町です!

 

もちろん、時間の概念を忘れてしまうほど、のどかな空気が流れているので、

一人でゆっくりとした時間を過ごしてみるのもいいかもしれませんね!

 

人恋しかったり、ちょっとのんびりとした時間が過ごしたい!という方にオススメですね!

冬はとっても冷え込むパーイなのですが、心が温まる町でしたねw

是非チェンマイにいった際には、寄り道感覚で行ってみてくださいね!

それでは!


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!