タイ旅行に変圧器、変換プラグは必要?タイのプラグと電圧の事情について

タイのプラグ事情について

タイ旅行に行く時、日本の電化製品が現地で使えるか不安になる方って結構多いかと思います。
現地の電圧や電源プラグの形状の問題ですね。

日本国内出会っても東と西ではヘルツが変わるように、海外となるとこの企画も当然のように変わってきます。

そこで今回は、タイのプラグ事情について、現地のプラグ形状や電圧、ヘルツなどのことについてまとめてみました!

まずは、動画でチェック!

タイのプラグ形状と電圧って?

shutterstock_278921753

まずは、現在タイではどういったプラグの形状を使われているのか、また電圧は日本とどう違うのか、について説明していこうと思います。

タイのプラグ差込口の形状は3通り

th_shutterstock_282258206

タイでは、「A型」「C型」「D型」の3通りのプラグ形状が主に使われています。

形状を見ていただくとわかると思いますが、日本だと「A型」がメインで使われていますね。

ちなみに、タイでも「A型」のコンセントというのは主流であり、「C型」や「D型」は、家電製品を取り扱ったりしない限りは、使う可能性は低いです。

日本と同じプラグ形状であるA型が使われているので、タイ旅行に限った話で言えば、変換プラグの登場シーンは少なかったりします。

「変換プラグは持って行ったけど必要なかった」というようなパターンは結構ありますね。
1461077543881.jpg
タイの一般家庭にあるコンセントを見ていただくと、こういった形で「A型」と「C型」であったり

shutterstock_392606155

写真のように「A型」「C型」「D型」の3通りのプラグが差し込める汎用性の高いプラグ形状に出来ていたりします。ホテルなどに滞在すると、このプラグ形状のパターンが多いです。

差込口が適合するように工夫されているので、変換プラグに関しては、あまり心配になる必要はなさそうですね。

ちなみに、ボクは変換プラグをタイで一度も使ったことがありませんw

タイの電圧は何V?

タイ旅行の場合、注意して欲しいのは変換プラグというよりは、電圧になりますね。

電圧に関しては、日本の場合東日本は100Vの60Hzで、西日本は100Vの50Hzになりますが、

タイになると、これが大きく変わり220Vの50Hzという電圧になります。

なので、日本から持ち込んだ電化製品に関しては、プラグの電圧を確認しておく必要があります。

もし、対応している電圧が100Vのみで220Vに対応していなければ、変圧器が必要になってきますね。

電化製品の対応電圧(V)の確認方法は?

電圧を確認する方法としては、ACアダプターに貼ってある仕様表の中や、

ドライヤーなどの家電製品であれば、本体や取り扱い説明書に明記されています。

dsc_0054.jpg

充電器などのアダプターを例に取り上げてみると、四角い枠で囲われた部分の「INPUT」の次に表記されている「100V〜240V」というのが電圧の表記になります。

なので、この充電器の場合は「100Vから240Vの間の電圧でしたら対応ですよ」ということですね。

スマートフォンの充電器や、パソコンのACアダプターなどは基本的にこのパターンです。

気をつけたほうがいいのは、ドライヤーなどの家電製品ですね。100Vだけの可能性が高いです。

タイ旅行に電圧を変える変圧器は必要?

では、タイ旅行に行く上で変圧器は必要なのか?ということに関してですが、ボクのように、旅行先で使う電化製品がスマートフォンやパソコン、カメラの充電器など、電圧が100V〜240Vまで対応しているアダプターしかないのであれば、必要ありません。

ですが、特に女性はドライヤーやヘアアイロンなどの100Vの可能性が高い電化製品を持ち込む可能性が出てくると思います。

対応電圧を確認して、もし海外非対応なのであれば、必要に応じて変圧器を持っていく必要がありますね。ただ、変圧器を買うとなるとコストもかなりかかるので、海外でも使える100~240V規格のドライヤーやヘアアイロンを探すのが賢明だったりします。

どういった変圧器が必要?

まずは、変圧器の種類になりますが、タイの電圧は先ほど説明した通り「220V」になります。

なので、100Vのものを220Vに変圧するタイプの変圧器を持っていく必要がありますね。

そして、次に確認したいのが対応W数になります。

電化製品を動かす電圧がVと、あとは使用上の消費電力のW数というものがあります。

この消費電力をコントロールできるような変圧器を買う必要がありますね。

例えばドライヤーとかの場合は、だいたい1000W以上は必要なので、それ以上の消費電力をコントロールできる変圧器が必要になります。

例えば、こちらの変圧器が電圧220−240Vまで対応で、1500Wまでの消費電力を制御できる変圧器です。

ただ、見ての通りサイズが大きいし、重量も重いものになります。あとは、値段が結構高いw

100Wぐらいのコントロールできる電化製品でしたら、変圧器も持ち歩き安くお手軽なのですが、ドライヤーやヘアアイロンなどは消費電力が大きいので旅行者向きではなかったりするかもしれないですね。

オススメは海外対応の電化製品

それでは、どうすればドライヤーやヘアアイロンは自分の使いやすいのが使いたい!

という方はどうすればいいの?というところですが、これは、断然海外対応のものをオススメします。

つまり電圧が100V〜240Vまで対応しているタイプですね。

これらのような海外にも対応している製品であれば、安心して旅行先でも使えますね!

変圧器を持っていくと荷物になるし、値段も結構割高だったりするので、その分のお金で海外対応のいいドライヤーを買うっていうのも手ですよねw

まとめ

shutterstock_315368747

タイで日本の電化製品を使うならば、必要に応じて変換プラグや変圧器は必要なケースはあるかもしれませんが、タイの「旅行」というところで言えば、比較的変換プラグや変圧器は割と使うケースが少ないことが多いです。

タイ旅行前に必要かどうか迷われた方は、今一度自分の持っていく物の電圧を一通り確認してみるのをオススメします。

タイのプラグ事情について


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!