クイッティアオの人気店「パーヤック」に行こう!注文の仕方、行き方!

皆さんは、タイの定番麺料理「クイッティアオルア」をご存知ですか?
ルア」とは日本語で「」という意味で、昔船の上で売られていたのが起源のタイ風ラーメンです。

小さなお皿に盛られていることから、タイのわんこラーメンとも呼ばれるクイッティアオルアですが、味も美味しく、いろいろな種類の麺やスープを選択できるので、楽しみながら食べることができます!

今回は、タイの現地の方も足を運ぶ、連日大盛況のクイッティアオルアの人気店「パーヤック」に行ってきました!

まずはYouTubeの動画でチェック!

クイッティアオルアの人気店「パーヤック」

th_IMG_3726

BTSのビクトリーモニュメント駅からスカイウォークを歩いて10分ほどの距離にある「パーヤック」(行き方については、後に記載してあります。)現地のタイの方はもちろんのこと、噂を聞きつけてやってくる外国人観光客も連日足を運ぶクイッティアオの名店です。

クイッティアオを食べるなら、まずはこの店!ってくらい人気店ですね。

驚きの安さ!1杯12バーツ!

th_IMG_3740

パーヤックの凄いところは、なんと1皿12バーツ(約36円)という安さで食べられるということです!小さいお皿に盛られたクイッティアオルアを、寿司屋のように何杯も重ねて食べていくのがパーヤックのスタイルです。

お店の前で、超高速でクイッティアオルアを作るおっさんがいましたw 「おっさん!クイッティアオルア何年作り続けてんだ!?」ってくらいの速さでしたw

パーヤックのクイッティアオルアは、5種の麺と4種のスープ!

パーヤックに限ったことではないですが、クイッティアオの楽しいのは、麺とスープの種類を選べるというところ!パーヤックの場合、センヤイ(太麺)センレック(中麺)センミー(細麺)バミー(中華麺)ウンセン(春雨麺)の5種類から麺を選べます!

スープは、ナムトックトムヤムナムサイイエンターフォーの4種類から選ぶことができます!全部で20通りのバリエーションが楽しめますね。一つのお皿が小さいので、いろんなバリエーションにチャレンジしてみましょう!

定番のセンレックとナムトックスープ

th_IMG_3732

何も注文しなければ、基本的には上の写真のセンレックという中麺と豚の血をベースとしたナムトックスープが出されます。豚の血を使ったスープと聞いて、気がひけるかもしれませんが、臭みなどはなく、コクがあってピリッと辛い美味しいスープです。麺のセンレックもベトナムフォーのような米麺で美味しいですよ!

もちもち食感が美味しい!センヤイ

th_IMG_3730

きしめんのようなセンヤイは、センレックをもっと太麺にしたものですね。もちもちとした食感が人によっては堪らないみたいですw柔麺が好きな方にはオススメですね!

コシのあるストレート麺が最高!センミー

th_IMG_3733

ボクが一番大好きなセンミー!見た目はソウメンみたいですが、米麺なのでソウメンよりも硬くコシがあって美味しいです!博多ラーメンの硬いストレート麺が好きな方とかは、ハマる麺だと思いますw

日本のラーメンに近い親しみのある麺、バミー

th_IMG_3729

中華麺のバミーは、一番日本人の口にしっくりくる麺かもしれません。日本のラーメンとかなり近い味ですね。

一番ヘルシーな春雨麺、ウンセン

th_IMG_3731

春雨麺のウンセンは、クイッティアオの中でも一番ヘルシー!つるっと食べれちゃいますね。ウンセンはタイのサラダなどにも使われる麺で、カロリーが気になる方や、ヘルシーに食べたい方はオススメ!

トムヤムスープ

th_IMG_3737

ナッツがアクセントのトムヤムスープ、ナムトックと比べるとあっさりとした辛味のあるスープです。あっさりとしたスープがセンミーとの相性抜群でした!

イエンターフォー

th_IMG_3735

ピンク色のスープが特徴的なイエンターフォー!最初見たときは、このピンク色のスープ大丈夫?激甘スープなの!?って感じですが、このピンク色は紅腐乳の色。豆腐を紅麹で発酵させたものです。食べてみると独特のあとを引く酸味が効いていて美味しいスープですよ!試しに食べてみてくださいね!

ナームサーイ

th_IMG_3736

一番癖のない豚をベースとしたスープ。辛さなども一切なく、子供でも美味しく食べられる優しい味です。辛いのが苦手な方とかは一番いいかもしれませんね。

クイッティアオを注文をしよう!

th_IMG_3726

席に案内されたら、店員さんを呼んでクイッティアオを注文しましょう!店員さんに伝えるのは、クイッティアオの麺、スープ、具材の種類と飲み物です。基本的に日本語は通じないので、英語かタイ語で話しましょう!

タイ語で注文するときのクイッティアオの呼び方は、最初に麺の種類2番目にスープの種類3番目に具材を伝えます。(具材は牛肉の”ヌア”と豚肉の”ムー”があります。)

th_IMG_3729

1つ例を挙げると、バミーナムトックモーで上の写真の中華麺のナムトックスープに豚肉ボールが添えられたものが出されます。もしタイ語で注文するのが難しかったら、Noodle Soup Meatと英語で伝えましょう。これだけ伝えれば、基本的にはセンレックナムトックモーが出されます。

瓶コーラが堪らない!クイッティアオを20杯食べると1Lプレゼント!

th_IMG_3727

クイッティアオと一緒に飲む飲み物の定番といえば、やっぱりコーラでしょ!w

パーヤックは瓶に入ったコーラを出してくれます。ペットボトルとか、缶ではなくて、この瓶に入ったのが飲みたくなる時が時々くるんですよねw 日本ではもはや絶滅してるんじゃないかってくらい見る機会が減りました。

瓶コーラをアルミ製の氷をぎっしり入れられたコップに注ぎます。いやー、美味しそう。暑いタイにはもってこいのビジュアルですね。

th_IMG_3738 (1)

また、ルアトンヌードルは、20皿以上クイッティアオをオーダーすると、その席に1Lの瓶コーラをプレゼントしてくれます!

皿数のカウントは、席毎なの、友達などと一緒に行った時などは簡単に20杯をクリアできますよ!ちなみに、今回僕と友達の二人で24皿食べました!男二人で行けば、全然楽勝ですね!w

退店後に貰えるサービス券をとっておこう!

th_IMG_3741

退店後にパーヤックの店員さんから、20皿以上クイッティアオルアを食べた人に、上の写真のカードが渡されます。これを持って次回来店した時に提示すると、コーラを1Lプレゼントしてくれるという嬉しい特典付きです!旅行などで来ている方は、もうしばらく来ることは無いかもしてませんが、そのような方は記念ということで持っておきましょうw

BTSビクトリーモニュメント駅から「パーヤック」への行き方

th_IMG_3709

それでは、肝心なパーヤックへの行き方を解説したいと思います。まずはBTSのビクトリーモニュメント駅(戦勝記念塔)を目指してください。

th_IMG_3710

BTSのビクトリーモニュメント駅(戦勝記念塔)のホームから降りたら、出口4番側の改札口から出てください。

th_IMG_3711

出口4番を出ずに、まっすぐ進んでいくと、スカイウォークが見えますので、そこをまっすぐ進んでいきましょう。

th_IMG_3714

スカイウォークを進んでいくと、左右に分かれる道が見えてくるので、そこをに曲がります。

th_IMG_3717

そのまま楕円の道を進んでいくと、右側に階段が見えてきますので、そちらから下に降りましょう。

th_IMG_3718

階段を降りたら、すぐに左手前の方向へ進んでください。

th_IMG_3720

左手前に進んでから、すぐ向かいにバスのチケット売り場が見えてきます。その裏側に進むように直進していきましょう。

th_IMG_3722

バスのチケット売り場を抜けたところの裏側にある道路に、露天が立ち並んだ細い道があります。

th_IMG_3725

細い路地をまっすぐ行った先を右に曲がったところに、パーヤックがあります。オレンジ色のポロシャツを着た店員さんが目印ですね。

万が一迷子になってしまっても、パーヤックは、タイのバンコクで有名なクイッティアオルアのお店です。その辺の人に聞けば誰でも教えてくれますよw

まとめ

shutterstock_315368747

タイのバンコクにある、クイッティアオルアの有名店パーヤックは、美味しさはもちろん、わんこソバのような感覚で楽しめる麺料理店なのでぜひ行ってみてくださいね。友達なんかと早食い対決みたいのをするのも楽しいかも?w


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!