トムヤムクンは、世界三大スープ!タイ料理を代表するスープ

サワディークラップ!どうも、タカです!

今日は、タイ料理紹介シリーズ!

 

皆さん、タイ料理といえば!?って聞かれた時に

一番最初にイメージするのはなんですか?

 

ボクが、タイについてあまり知らなかった時は、

タイ=トムヤムクン!っていう感じでしたねw

 

トムヤムクンに、そういうイメージを持っている方は結構いると思いますが、

今回はそのトムヤムクンについてご紹介したいと思います。

トムヤムクンとは

shutterstock_113024272

そもそも、トムヤムクンってどういう意味かというと、

「トム」は煮込む、「ヤム」は混ぜる、クンは「エビ」という意味です。

 

エビをメインの具材としているので、「トムヤムクン」というのであって、

 

エビが他のものに変われば、「トムヤムガイ」の鶏肉の煮込み、

「トムヤムプラームック」のイカの煮込みになったりもします。

 

日本の味噌汁が、家庭によって入れる具材が違うのと同じように、

タイのトムヤムスープも、いろいろなアレンジがあるんですね。

 

種類がたくさんあるのに、トムヤムの中でも、エビを扱った

トムヤムクンだけ、日本に知れ渡っているって面白いですねw

トムヤムクンの美味しさの秘密!

shutterstock_190959383

トムヤムクンは、見た目こそ赤く、物凄く辛いんじゃないか?と思ってしまいますが、

実は、辛さというよりかは、結構酸っぱい酸味があったりするんです。

 

トムヤムクンには、「レモングラス」「カー(タイの生姜)」「こぶみかんの葉」「パクチー」など

タイを代表するハーブが多く使われています。

このハーブが、トムヤムクンの酸味を生んでくれるんですね。

 

ブリッキーというタイの唐辛子の辛味と、ハーブからなる酸味が

良い具合に絡み合って、タイ料理ならではの独特な味を楽しめます!

 

一口にしたら、もう一口いきたくなってしまいますねw

タイ旅行に行った時には、是非本場の味を楽しんでみてください。

美容と健康にも良い!?

shutterstock_243260476

トムヤムクンのとってもいいのは、低カロリーで健康食だというところ!

タイの万能香草「パクチー」を使っているので、デトックス効果やアンチエイジング効果などもありますよ。

タイ料理に使われるパクチーの効能が凄い!パクチーが美容と健康に良い理由

2016.02.22

美容と健康にも、効果抜群のタイ料理ですね!

 

それ以外に、ブリッキー(唐辛子)の種子に含まれるカプサイシンは発汗作用をもたらしてくれますよ!

血流の流れを強くし、内臓脂肪の燃焼にも効果を発揮するためトムヤムクンはダイエットにも最適のスープですね!

赤いのだけじゃない!白いトムヤムスープもあるよ!

shutterstock_130432892

知らない人が結構多いのですが、

トムヤムクンの中には、写真のようなスープが白く透き通ったものもあるんです。

 

本来、日本で多く知れ渡っているトムヤムクンは、チリインオイルの「ナムプリックパオ」が加えられているため、スープが赤くなっているのですが、

 

そのチリインオイルを入れないトムヤムスープも存在するんです。

ここに、ココナッツミルクやエバミルクや牛乳などを入れて、白濁させているものもあります。

 

これを「トムヤムクンナムサイ」と言って、

ハーブの材料はトムヤムクンと同じだが、唐辛子が存在しなので、酸っぱいスープといった感じになりますw

 

辛いのが食べられない方は、こちらを食べるのをオススメします。

スープが酸っぱく、さっぱりしているので、朝にいただきたいスープですねw

 

タイ人の中でも、「唐辛子を入れる派」と「入れない派」がいるみたいですねw

日本の味噌汁の「赤味噌派」と「白味噌派」みたいで面白いですねw

 

ちなみにボクは、「唐辛子入れる派」「白味噌派」ですw

トムヤムクンはタイ人にとって、スープではなく、おかず!?

shutterstock_347795225

日本にあるタイ料理屋のトムヤムクンは、日本人向けに作られているので

少し味が薄めになっていたりしますが、

 

タイの現地で食べるトムヤムクンは、とっても味が濃いんですw

人によっては「辛い、しょっぱい、すっぱい」と思うかもしれませんw

 

本場の味が濃い味なのには、タイの伝統的な食文化が関係しています。

食文化は、日本と似ており、米を主食に、副食として魚などのおかずを食べるのですが

 

タイには昔、副食を作る調理方法に「炒める」という文化がなく、

魚などを調理する際には、「焼く」「煮る」というシンプルなものだったようです。

 

魚に、濃い味のペーストをかける、あるいは、煮込むことをして副食を食べていたようですね。

 

そこで、味が濃いものと一緒に、ご飯を食べるのに、スープも味が濃くなったという背景があるんですね。

その食文化は「炒める」という調理方法が伝わっている今でも続いています。

 

濃い味が好きな方ならば、タイ本場のトムヤムクンは、きっとあなたの口に合うでしょうw

まとめ

いかがだったでしょうか?タイを代表する世界三大スープ「トムヤムクン」

また、トムヤムクン食べたくなってきましたねーw

 

味はもちろん、体にもいいから、嬉しですよね!

 

トムヤムクンの味は、日本向けに作られた味と、本場の味に結構差があるので、

タイ旅行に行った際には、是非食べてみてくださいね!

それでは!

 


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!