初のタイ旅行、盗難に遭ったけど今はタイが大好きな理由

どうも、サワディークラップ!(こんにちは)タカです!

最近タイのブログを書き始めて、毎日タイのことを考えているので(まあ、書く前からそうでしたがw)毎日とっても楽しくなりますね。

一番最初の記事でもタイに初めて行った時、タイに旅行に行った際、その雰囲気に魅了されたとは書きましたが、あまり細かくは書かなかったので、

タイブログ始めます!ブログにかける思い。タイ旅行の観光、ホテル、ツアーなど

2016.01.25
今回はその、ボクがタイを大好きになったきっかけでもある、学生の頃一人で初タイ旅行に行ってきた時のお話をさせていただいますw

場所はどこでもいい、兎に角バックパッカーをしてみたかった!

初めてタイに行ったのは大学4年生の頃でした、

無事就職活動も終わり最後の夏休みが終わろうといている頃

「やべー、このまま社会人なっちまうよ!まだ、何もしてないじゃん!社会人なったら遊べねーよ!」

社会人=社畜、遊べない、人生サヨナラ的な固定概念しか持っていなかったボクは、学生時代最後の夏休みに何の根拠もない焦りを感じているのでしたw

とりあえず、何か飛び抜けたこと、ちょっとチャレンジャーなことしよう!と考えた結果がバックパッカー(バックパッカーとはwikipedia)でしたw

早速「バックパッカー」でググるボク。見つけたのが「バックパッカーの聖地、カオサンロード」だったんですね。

カオサンロードは、タイのバンコクにあるゲストハウス、ドミトリールームなどの安宿や、旅行代理店、雑貨店、バーなどが軒を連ねている場所で、世界中からのバックパッカーが集まってい場所です。

彼らは、タイの観光はもちろん、カンボジアやベトナム、マレーシア、ラオス、ミャンマーなど隣接する国に旅行をする前に、情報収集や、バスのチケット、航空券を買ったりするために、ここを拠点としておいていることが多い場所なんです。

これを知った時、バックパッカーというチャレンジャー的な感じと、カオサンロードという少しデンジャラスな街の雰囲気を感じてスマホ片手にボクの体は震えていたw

th_-shared-img-thumb-MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

「こ、これしかねーw世界のバックパッカーになってやる!」

↑はい、分かります。アホですよねw

思い立ったら、すぐ行動のタカ。スカイスキャナーでタイ行きのチケットを購入しましたw

航空券を安く買おう!《スカイスキャナー》使い方

2016.01.28
カオサンロードをググって知ってから、渡航日まで10日間くらいしかなかったのを今でも覚えていますw

まさに弾丸旅行でしたねw

 

9243_510317709051688_343704127_n

出発前に空港の出発ゲートで撮った写真です…学生オーラ丸出しですねw

この時ボクの旅の計画は、タイのカオサンロードに行って、カンボジアまでバスを使って陸路で国境越え!世界遺産アンコールワットを見てくる!でしたw

おいおい、タイがゴールじゃないんだwって感じなんですが、その通りです。

だって、この時はタイにこだわりはなかったんですもんw

ボクがしたかったのは、バックパッカーでしたw

無事タイに到着、初めてカオサンロードに行った時、体が震えた

無事タイに到着し、スワンナプーム国際空港からエアポート・レール・リンクを使ってカオサンロードに向かった。

スワンナプーム国際空港から、首都バンコクへの行き方

2016.01.27
初めてのタイ、全てが新鮮に見えましたw

電車の中、改札口、タクシーの車窓から見る街並み、そんな景色を口を開けながら見ていると、あっという間にカオサンロードに到着しました。

カオサンロードに到着した時、体が震えましたよw

300メートル程だろうか、カオサンロードを端から端まで歩いて

「なんだここ?すげー楽しそう。無法地帯なのか?w」

カオサンロードは、タイ人というより世界中からの旅行できている西洋人で溢れていましたねw

wp-1453694532921.jpeg

タイではない、どこか他の国に来たと思わせるような街並み、道を歩いている人の中には、ボクと同じようにバックパックを背負い宿を探している人もいました。バーからは爆音で音楽が流れ、みんな楽しそうに食事をしながら会話をしていて、中には爆音に酔いしれて踊っている人もいました。

もう、お祭り騒ぎだったw

別に絶景とかじゃないけど、カオサンロードの夜は兎に角ボクをウズウズさせてくれましたw

「あー、早く宿探さないと!」

早く宿を探して、荷物を置いてボクもカオサンロードの輪の中に入り込みたかったんですw

宿探しは結構楽しいw

宿探しもカオサンロードの楽しみの一つかもしれないですwいろいろな宿を見て回って、泊まりたいところを決めるんですが、いろんな部屋を見ているとなんだか引越し前のお部屋探し見たいな感じで、楽しかったですw

幸いにも英語がわりと話せるボクは、この宿探しも結構楽しんだ。

一時間ぐらい探し歩いた結果、見つけたのがマイハウスという格安のゲストハウス。

写真をアップしたかったのですが、ある理由で無くなってしまいました。(理由はこの後書きます)

部屋はベッドのみの4畳半くらいの部屋で、扇風機が付、水場は、共同の水シャワーとトイレといった感じでした。

決して綺麗なところではなかったが、一泊180バーツ(だいたい550円くらい)ということで即決しましたw

39705

あと、この景色w

泊まるところも決まり、一休み。

水シャワーを浴び気持ちを切り替えさーカオサンロード出発だー!w

カオサンロードで初日からトラブル起こすタカw

wp-1453694528913.jpeg

カオサンロードに到着し、宿も見つけ、あとはもう楽しむだけ!

日はすっかり暮れ、夜のカオサンロードはいい感じの雰囲気を醸し出してましたw

カオサンロードを喜んでフラフラ歩いていたのも僅かの間だけでしたw

とんでもない被害に合っちゃいましたw

この日、カオサンロードは雨が降っていました。

日本から持ってきた折りたたみ傘をさして、カオサンロードを散策することに。

そこへ、後ろから何やらフレンドリーな南米系の男性がボクの傘の中に入ってきました。

30〜40歳ぐらいの見た目で、太った体、ボロボロの帽子、今でも覚えていますw

「ねえ、俺傘持ってないから、この中入れてよ!」

「あ、オッケー」

しばらく歩きながら自己紹介とかをした、その人はスリランカ人で、旅行で一週間ほどタイに来ていたということでした。英語力もボクと同じぐらいで、早速面白い出会いがきた!と有頂天になっていましたねw

この人は、ボクが初めてタイに来た話をすると、「俺もツーリストだよ!」見たな感じで、オススメの観光地とか、注意したほうがいいこととか、ボクにいろいろ教えてくれたんですよw

「なんだこの人、スッゲーいい人じゃん!」もう完全に信じ込んでしまいましたw

今思うと、完全に平和ボケしていたのかもしれないw

しばらくすると、その人が「お腹空いたか?ご飯食べないか?」と聞いてきた。

タイについてから何も口にしていない僕は、快く了承した。

「美味しいところあるから、こっちこいよ!」

少し路地裏の屋台の店を見せられ、付いていくのが不安になったが、タイの料理をまともに知らなかったので不味い料理を引きたくなかったこともありついていくことに。

なにやら、肉野菜炒めみたいなものが出されたのを覚えています。

お金を払おうとすると、「いや、ここは俺が出すからいいよ!食えよ!」

その料理が何か忘れたが、美味しくもなく、不味くもなく、良くも悪くも肉料理って味でしたw

しばらくすると「俺お腹いっぱいだから俺の分も食えよ!」

そう言って自分の分をボクのさらに入れてきた。←おかしいですよねw

ここでそれを何の迷いもなく食べてしまったのが間違いでした。

・・・・・・・。

気づいたときにはホテルのベットで寝ておりましたw

そう、初日っから睡眠薬強盗にあっちゃったんですねw

タイで盗難に遭った時の対処法。以前タイで盗難にあったボク対処したこと

2016.01.30
全てを失ったタカ!どうするw

th_-shared-img-thumb-freee151108078895_TP_V

「え!?これって!?今何時!?なにが起きたの!?なんでホテルにいるの!?」

起きた瞬間なにが起きたのかわからず、パニック状態w

時間確認しようとしたら、腕時計がない!盗まれてる!w

「スマホ、スマホ・・・。あれ?ない!?財布は?あ、ある!いや・・・中身がない!」

「え?まって?・・・・あいつ・・・wやられたーw」

カバンの中をあさりまくって、睡眠薬強盗に合ったことに気づくまで2、3分かかりましたw

カバンの中にあった、現金5万円、クレジットカード、カメラ、スマートフォン、全て取られていましたw

幸いパスポートは見えにくいところにしまっていたので無事でしたw

でもなんで、ホテルにいるの?疑問に思った僕は、ロビーのお姉さんに聞きに行きました。

「おー大丈夫ナー!?」ビックリした顔で従業員の人たちがボクを見てきましたw

「え、なにが?なにがあったの?」もうパニック状態でしたw

「朝タクシーの運転手があなたのポケットにある鍵見てここまで連れてきたんだよー!道で寝てたんだって?」

まじかーーーーーーーw てかタクシーの運ちゃんありがとーーーーーw

「え?でも朝ってどゆこと?今日の夜ついたばっかりなんだけど」

「なに言ってんだナー?あなたずっと寝てたんだカー」

「えええええええw待って、今日何日?ってか何時?」

お姉さんに言われる「9月11日の夜11時カー」

ボクはタイについたのは9月10日夜8時・・・。

まじかーーーーーーーw 丸一日寝てたんかーーーーーいw

よっぽど強い睡眠薬を飲まされたんだろう・・・。

「あなた今日の宿泊代は払えるのカー?もう泊めさせられないよー」

「なんて冷たいんだw人が盗難にあったってのにw」

この時ばかりは、同じゲストハウスに泊まっている日本人に助けを求めました。

世の中捨てたもんじゃないですね。

ある日本人女性が500バーツをボクに貸してくれたんです。(後日1000バーツ返しました)

「これで今日のホテル代と、明日何か食べられるでしょ?今日はもう寝とき!明日大使館に行ってきなよ!」

電話も貸していただき、クレジットカードも止めさせてくれました。

女神かと思いましたねw

その方の言う通り、その日は寝て明日から行動することに決めました。

まさかの在タイ日本国大使館に訪問

いやー、まさかこんなことになるとはw

翌日地球の歩き方を頼りに在タイ日本国大使館に向かいましたw

睡眠薬強盗にあった話をすると

日本の家族に電話させてくれました。

なんでも、日本からタイに海外送金ができるとか。

親に電話し、現状報告w

まー親にはビックリされましたねw怒られるというより、とにかく心配されましたw

今は「すぐに日本に帰ってこい!」と言われなかったことに感謝してますw

その後無事現金をもらい、ゲストハウスに戻り、昨日お金を貸してくれた子にお金を返しました。

その子はその日が帰国日ということで、携帯も何も持っていなかったボクは連絡先も聞けず、ただお礼をいうのみでした。今この場を持って、またありがとうと言いたいですね。

全てを失ったと思ったら逆だったw

もう、お金も時間もないからカンボジアもいけない、写真も撮れないから思い出も残せない。

th_-shared-img-thumb-MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V

「あー、もうなんもいいことねーじゃん。」

終わったと思いましたねw

この時は、完全にタイに来たことを後悔しました。

 

でも、違いました。

半日ぼーっと起きたことを考えていたら、「こんなことしてられねー!」

そう思ったんですね。

th_-shared-img-thumb-MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

「取られたら取られた分だけ楽しんでやる!」

なんか気持ちがこっちに切り替わっていきましたw

「もう何も失うものなんてねー!なんでもかかってこい!」ある種サイヤ人みたいな感じになっていましたw

そうなった時から、全てが逆転していきました。

ご飯を食べる時、お店を散策してる時、ツアーを探している時、

いろんなシーンで近くにいる外国人に絡みましたw

そうすると皆不思議なことに仲良くしてくれたんですね。

仲良くなった同じバックパッカーの仲間たちと、バンコク市内、アユタヤ遺跡を観光したり、

盗難にあった話をすると、皆気を使ってくれて、facebookを使って写真をシェアしてくれました。

th_-shared-img-thumb-max16011542_TP_V

「やっぱカオサンロードは最高だー!」気づいたらこうなってましたw

いろんな人からの情報を頼りに盗難の被害届も作れました。

th_1461627_557562200996885_1827538002_n

みなさん!旅行保険は大切ですよ!ボクはこれで助けられましたから!

たった、10日間の旅、一度は全てを失ったと思ったけど、全然違ったわけです。

前向きになってから、全てがいい方向に進んでいきましたw

まとめ、だからボクはタイが好き

なんか、長い話になってしまいそうなので、途中簡略化していかなきゃと思いながら書きましたが、

結果的に何が言いたいかというと、この最初の盗難事件がキッカケでボクの考えってガラッと変わって、ボクはすごい前向きになれたんですね。

日本に帰って、またいつもの生活にもどり考えてみると、あの時ボクを前向きな感情にしてくれたのは、そこにいたタイ人や、タイに来ている外国人、日本人だったんですね。

だから、ボクはタイにいる時の自分が好きだし、ここに住みたいって今では思います。

今回は完全に自分の話になってしまいましたが、この話を聞いて少しでも「自分も変わりたい!タイに行ってみた!」そう思っていただけたらなと思いますw

また、盗難にあってからの被害届の作り方とかもブログで配信していく予定なので、宜しくお願いします!


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!


2 件のコメント

  • はじめまして。ブログを拝見させていただきました。僕はいま大学一年生で来月に何か新しいことに挑戦してみたいと思い、タイに一人旅しようと思っています。初めての海外ですが英語は中学生レベルでしか話せません。一人で行くのは危険ですか?また、英語が使えなくても楽しむことはできますか?

    期間は四日間ほどを予定しています。タイであればどのようなスケジュールを組めばいいと思いますか?

    • はまのさん、コメントありがとうございます!
      タイに一人旅ですか、大学一年生なのに素晴らしいですね。
      良い経験になると思います!

      今回は期間が4日間ということなので、効率良く観光をするならば、おそらく首都のバンコクを中心にその周辺地域(アユタヤ、スコータイなど)も時間が余れば観光できるかと思います。ショートプラン記事にしてみますねw

      はまのさんの気になる、言語や治安関係ですが。
      まずは、言語は中学生レベルの英語で全然大丈夫です!相手に伝えたい意志を体で表現していれば、相手もしっかり理解しようとしてくれます。
      そのうち、英語も慣れてきますよ!ボクも最初はまのさんの様な心配を持っていましたが、今は外国語でタイ人に絡みたくってしょうがないですw
      ちなみに、タイ人の英語も人によっては中学生レベルなので安心してくださいw

      あと、治安について、こればかりは、はまのさんの裁量次第でいくらでも危険になりえるし、いくらでも安全にできます。
      例えで言うならば、カオサンロードのドミトリーの安宿を選ぶか、バンコクど真ん中の綺麗なホテルに泊まるのか。昼だけ観光するのか、夜でもナイトマーケットなど観光に行くのか。
      要は、プランの立て方で変わってくるということです。
      あとは、如何に自己防衛するのか。知らない人にはついていかない。自分の買ったものしか口に入れない。インナーバックにパスポートを忍ばせておく。

      ただ、こういったことをあまり気にしすぎると、逆に狙われたり(初めてボクがタイに行ったときみたいにw)神経使い過ぎて旅行を楽しめなかったりすると思うので、ある程度のバランスを見て旅行を楽しむのをオススメしますw
      カオサンロードは面白い場所なのでw

      少々長くなりましたが、参考になれば幸いです。