仮想通貨ってなに?仮想通貨の初心者が最初に知っておくべきこと

仮想通貨とは

最近テレビやネットのニュースなどで「仮想通貨」や「暗号通貨」「ビットコイン」などといった言葉をよく耳にするようになりました。

よく耳にするようにはなったけれども、周りの反応を見てみると「話には聞いたことがあるけど、それほど興味がない」「仮想通貨って名前がなんか怪しい」「投資とか難しそうだからやろうとは思わない」など存在は知っているけれども、手を出していないという方が殆どです。

ただ、そこで終わらせてしまっては勿体ない!

今まさに世界中でこの仮想通貨が認知され始めてきていて、市場が急上昇しているところなんです。2018年仮想通貨がキテる!始めるなら今!って感じなんですね。

でも「仮想通貨について、まだ殆ど知識がないです。」なんて方が沢山いるかと思います。

そこで今回は、仮想通貨について全く知らない方に向けて「仮想通貨は一体どういうものなのか?」「どのような使い方をするものなのか?」などの初歩的なことについて解説していきたいと思います。

仮想通貨ってなに?

疑問

ではまず最初に、仮想通貨が一体どのようなものなのか?という一番基本的なことについて説明していきたいともいます。

仮想通貨とは、その名前の通り「仮想」の通貨です。仮想なので、リアルに形が存在するものではありません。

わかりやすい例えで言えば、オンラインゲームなどのゲーム内で使うネットマネーみたいな感じですね。

ネットマネーは、そのゲーム内でしか使えませんが、この仮想通貨は現実のお金(リアルマネー)に換金して使えるというのが大きく違う点です。

暗号通貨は同じ意味?

仮想通貨と同じ意味で用いられるのが「暗号通貨」と言うものになります。仮想通貨とごっちゃに考えてしまう方がいますが、これは仮想通貨と全く同意語になります。

元々「仮想通貨」は英語で「crypto currency」という呼ばれ方をしています。これを日本語に直訳すると、cryptoは「暗号」currencyは「通貨」という意味になります。

その為日本では「暗号通貨」呼ばれることもあるという背景があるわけですね。

仮想通貨って何に使うの?投資するもの?

仮想通貨 使い方

では、具体的にその仮想通貨を持つことによって、どのような使い方ができるのかを説明していきたいと思います。

ざっと仮想通貨の使い方について挙げていくと、以下の通りになります。

  • 送金手段として使える
  • 決済に使える
  • 投資ができる

今のところ仮想通貨の使い方について言えば、この3点が大きく挙げられます。それでは、それぞれどのように使えるのか、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

送金手段として使える

僕が初めて仮想通貨に興味を持ち出した理由が、この送金手段として使えるポイントです。

なんせ僕は海外在住なので、海外にお金を送るということでは結構悩まされてました。海外送金の経験のある方なんかは、同じような悩みを持っているのではないでしょうか?

例えばあなたが、日本から1万円を米国に送金するとします。

その時には、必ず海外送金手数料というものが発生します。その手数料がどれくらいかかるかご存知でしょうか?

日本から送る段階で、まず手数料が3500円がかかり、そのあと米国で受け取る際に4500円の手数料が発生します。1万円送るだけで、これだけの手数料が発生するんですよ?もちろん、それ以外の送金手続きなんかも存在します。ただお金を送金するだけなのに、すごい損した気分になりませんか?

この海外送金手続きを仮想通貨で行えば、ほぼ無料で且つスピーディーにできてしまうんです。

では、なぜそのようなことが可能なのか。

それはズバリ、現金の海外送金に存在する第三者の介入が、仮想通貨では存在しないからなんです。

仮想通貨の場合は、送金の手続きを全て仮想の世界で行います。なので、実質ほぼ無料で迅速に送金が可能になるということなんですね。

決済に使える

これは最近よくニュースなどでも取り上げられていますね。代表的なもので言えば「ビットコイン」を活用した決済サービスです。

ビットコインの決済を導入しているお店であれば、自分の所有しているビットコインを現金と同じように、決済に使用することができます。

有名どころで言えば、旅行会社のH.I.SExpedia、パソコンのDell、電化製品のビックカメラなどで利用できるようになってますね。

まだまだ始まったばかりのサービスではあるので、今現在導入しているところは少ないものの、このサービスがこれから普及していくのは、最近の傾向を見れば目に見えていますね。

今後この仮想通貨を活用した決済サービスの利便性は、どんどん上がっていくでしょう。

投資ができる

仮想通貨の市場が一気に上昇している現在、この投資という手段が仮想通貨の最大のメリットかもしれません。

簡単に言えば、仮想通貨を買ってその値上がり益を狙う投資ですね。

1ビットコインを10万円で買って、20万円になった時に売れば利益が出ますよね。そんな感じです。

ちなみにビットコインが最初に出た時は、1BTC(ビットコイン)=約0.07円でした。それが、2017年の11月の状態で1BTC=約80万円まで上がりました。

とんでもない数字の上がり方ですよね。「これで大成功して、大金持ちになっちゃいました。」なんて方も沢山います。

でも、もう始めるのは手遅れではないのか?なんて思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんな悲観的になることはありません!

実は日本で実際に仮想通貨の口座を開設して、仮想通貨を実際に所有しているユーザーは、まだ全体の10%にも満たない状態なんです。

ぶっちゃけ、まだ始まってもいないかもしれないんです。

ちなみに、投資に必要な金額については、口座を開設する取引所や取り扱う通貨によっても変わってきますが、だいたい1000円前後から行うことができます。

仮想通貨の種類

仮想通貨=ビットコインと勘違いされている方もいますが、仮想通貨には様々な種類が有ります。現実世界でも世界中で様々な通貨がありますが、それと同じような感じですね。

実は今現在(2018年1月)1000以上もの種類が存在しています。世界で一番最初の仮想通貨が、皆さんがご存知の「ビットコイン」になります。これが2008年に誕生したのですが、そこから10年間で約1000種類も増えているんですね。

ただ、その全ての種類が稼働しているかというと、そうではありません。出たばかりで価格のついていないもの、開発の進んでいないものも多く含まれています。

その中でも、今一番注目されているのが「ビットコイン」という感じでしょうか。それ以外にも「ネム」や「イーサリアム」など有力と思われる仮想通貨もどんどん増えてきています。

仮想通貨の購入方法、始め方

仮想通貨始め方

仮想通過がどういうもので、その魅力は大体わかってきたけど、実際購入するにはどうすればいいの?という疑問が浮かんでくるかと思います。

購入方法で一番簡単と言えるのは(というか殆どの方がこの方法)、仮想通貨取引所というところに登録し、口座を開設することです。

簡単に例えるならば、仮想通貨の銀行口座、株でいう証券会社のようなものですね。この仮想通貨取引所は様々な種類があります。

今現在有力で信頼できると言われている仮想通貨取引所が、Zaif,coincheck,bitFlyerの3社になります。

仮想通貨の口座開設自体はとても簡単なので、実際にやってみるのをオススメします。

実際に仮想通貨の口座を開くことによって、よりイメージも湧きやすくなるので、まずはとりあえずサイトを覗いてみて、口座を開設するところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨とは


バンコクの厳選おすすめホテル

sketch-1469376859054.jpg
タイ旅行の準備は着々と進んでいますか?

旅行を快適に過ごすには、ホテル選びは欠かせません。

ただ、ホテルを探すのにも種類がありすぎて、どこにすればいいのかわからない・・・。

そんな方が安心して選べるように。

バンコクのおすすめホテルを厳選しました!